M&A BANK Copyright©idealink Inc., All rights reserved.

ゲストからの質問攻め、始まります。|Vol.067 | M&A BANK

M&Aインタビュー

M&A BANK > インタビュー > ゲストからの質問攻め、始まります。|Vol.067

2018.08.23

ゲストからの質問攻め、始まります。|Vol.067

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

これ、言っていいのかな。(笑)

島袋
今回も武田塾の林さんに来ていただいています。よろしくお願いします!


よろしくお願いします!

島袋さんは「フランチャイズの窓口」を売られましたよね。その事業でどれくらい利益が出ていて、それが評価にどう反映されたのか気になってて。
逆に今日は聞いちゃってもいいですか?

島袋
もちろんです。


この番組は僕もファンで見させていただいていますが、その中で、金額をバシッと公表してましたね。2億4000万円で売ったと。
いくらぐらい利益が出てると、2憶4000万円で売れたのかな、ということと、
会社として利益が出てたのか、事業部としてその利益が出てたのかな、という、いわゆる前回お話があった「正常収益力」のあたりが気になってます。
事業部の売り上げはどんなもんだったんですか?

島袋
ビジネスモデルとしては、ウェブ上で各フランチャイズ本部へ送客する課金モデルと、イベントの開催でしたね。
イベントをやった月は売り上げがはねるので、たしか、だいたい年間2億ないぐらいでしたね。


2億弱のビジネスが、年商を超える金額で売れちゃうんですね!
じゃあ仮に(年間売上)2億弱として、利益はどれぐらい出てたんですか?

島袋
利益は…これ言っていいのかな。まあいいや(笑)
600~700万ぐらいアベレージで出てて、そこから人件費をさっ引くので…


粗利はそれぐらいだったんですね。

島袋
そうです。あと人件費ぐらいですね。最後はスタッフ4名ぐらいで回してましたね。


では、どう考えても月400万とか余りますよね。

島袋
そうですね。それくらいは余ってましたね。


てことは、やっぱり(年間)5000万円ぐらい利益が出てたってことでいいですか?

島袋
そうですね。

一番すごかったときは

島袋
そういえば今、この事業を立ち上げた株本くんが、ネットでちょっと話題なんですが。


そうですね。島袋さんのところで修行をして、今じゃもう大社長ですからね。

島袋
Facebookにコメントしても、アイツ…アイツじゃない。株本くん、返してこないんで、「変わったなー」「やっぱ稼ぐと変わるんだなー」って思ってたんですけど、(笑)
その株本くんと、2011年震災の後、彼がまだインターン生で早稲田大学の2年生の時にゼロイチで立ち上げたわけですけど、彼が1番やる気を出していた時は、月に1200~1300万円ぐらいの売上総利益がありましたね。
その時だったらもっと(売却)金額は高かったのかなって思いますね。


ああ~なるほどね。それだけの余力があるというか、そういうのも評価につながったんですか?

島袋
でも評価は…買い手さんによるんですけど、単純に売り上げだけを見て決めてるわけではないというか。
例えば上場企業の場合、中期経営計画のような、発表とかリリースをするタイミングがあるので、そこに出す材料を常に探してるんですね。特にシェアリングテクノロジーさんは、上場されて初めての中期経営計画でした。そこでなにを出すかによって株価にかなり影響するので、その材料の1つとして、我々に声をかけていただいた感じなんです。
逆にその発表に間に合わなければ、ディールは成立していなかったと思います。


なるほどね。
じゃあ買い手の会社さんは、単純に「5000万円ぐらい(売上が)出てるから、その5年分ぐらいで、2.5億!」と決めたわけではなく、シナジーもあるのでこの評価につながった、ということですか?

島袋
一般的にはそうなんですけど、上場企業の場合は(M&Aの)リリースによって株価が上がれば株主さん達も喜びますし、またそれで資金調達もできるので、(そのタイミングに合ったということも評価につながっていると思います)。


なるほど、そういう要素があるんですね。
もっと詳しく聞きたいんですが……そろそろお時間ですか?

島袋
さすが、自然体ですね。


いやいや。(笑)では、もっと詳しく聞きたいんですが、続きはまた次回ということでお願いします!

【出演者情報】
■林 尚弘:株式会社A.ver‐代表取締役社長
高校~浪人時代に4年間予備校の授業を受けるも偏差値が伸びなかった経験から既存の「授業」に疑問を抱き、20歳で株式会社A.ver(エイバー)を設立、代表取締役に就任。ハンドルネームで行ったブログ「武田の受験相談所」がヒットし、ブログランキング1位に。「日本初の授業をしない塾」として、武田塾を始める。
■島袋直樹:IdeaLink株式会社-代表取締役
2017年12月、自社メディア5媒体を上場企業に事業譲渡。尊敬するじげん社に倣い、「事業家集団IdeaLink」を目指す。

【株式会社A.verとは】
武田塾の直営校舎の運営とFC本部としての機能の他、障がい者福祉研究会の運営、フランチャイズ本部構築/開発支援事業も行う。
「FC(フランチャイズ)チャンネル」ではフランチャイズ運営の解説動画を配信しており、本動画シリーズもFCチャンネルから着想を得ている。

【M&A BANK YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCbxAeKe2f9WZGbKy1jHV0Dw

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

M&Aアドバイザーの無料相談はコチラ

新着M&Aニュース

もっと読む

アクセスランキング

案件情報をお探しの方 担当からすぐに連絡いたします。



連絡手段の希望:
電話メール

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.