M&A BANK Copyright©idealink Inc., All rights reserved.

EXIT経験者の自宅で聞く、M&Aぶっちゃけ話【東京ビッグハウス・菊田社長】|Vol.402-404 | M&A BANK

M&Aインタビュー

M&A BANK > インタビュー > EXIT経験者の自宅で聞く、M&Aぶっちゃけ話【東京ビッグハウス・菊田社長】|Vol.402-404

2021.03.13

EXIT経験者の自宅で聞く、M&Aぶっちゃけ話【東京ビッグハウス・菊田社長】|Vol.402-404

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

今回は初のロケ企画!過去にも登場いただいたある匿名ゲスト・天狗さんのご紹介で、上場企業のグループ会社代表となったTOKYO BIG HOUSE・菊田社長のお宅に突撃しました。

 ▶動画の一気見はこちらから◀
ゲスト
菊田 寛康 TOKYO BIG HOUSE株式会社 代表取締役社長 
中学校卒業後、高校へ進学せずに働き始める。10種程度の職種を経験。その後、不動産販売会社に入社。営業として経験を積む。その後は、携帯電話の販売店を主力事業に、自身で商売を始める。再度、不動産販売の営業職、飲食店の経営の経験を経て、2007年8月当社設立。代表取締役社長に就任。Twitter /TOKYO BIG HOUSEチャンネル

■天狗さん
ゴルフが大好きなある匿名ゲスト。会社を売却して得た金額は総額43億円。

聞き手■島袋 直樹 M&A BANK株式会社 取締役会長
シリアルアントレプレナー。26歳でインターネット広告代理店を創業、年商20億円規模に成長させる。2016年に同社を分社化し、インターネットメディア運営を主体とするIdeaLink株式会社を創業。2017年12月、自社メディア5媒体を上場企業に事業譲渡し、2018年3月よりM&A BANKの運営を開始。「事業は創って売る」をモットーとする。「会社は伸びてるときに売りなさい。」の著者。 Twitter

 

 目次 

#402 【ロケ企画】売却額〇〇億円の過去ゲスト宅に突撃
#403 【社長宅インタビュー①】上場会社グループ企業代表になった話
#404 【社長宅インタビュー②】傘下入りしたおかげで助かったことは…

 

 

#403 【社長宅インタビュー①】上場会社グループ企業代表になった話

 

業界3位、上場企業の傘下に

菊田社長 基本情報
TOKYO BIG HOUSE株式会社 代表取締役社長
3000~4000万円の新築一戸建てを建売
ケイアイスター不動産株式会社のグループ企業に

株の半分を手放した理由
親会社は年商1200~1300億円規模、それに到達するだけのなにかを持っている
手探りで目指すよりも先輩と組む方が会社のためになると考えた

株を渡す比率は…
傘下入りを決意したとき
詳細はこちら

 

社長と会社の利害は一致しない?

売却の目的は「より高く売ること」ではなかった
親会社が本当に日本一に近づいていく様を見て社長・会社のすごさを痛感
日本一を目指す理想的なパートナーだと感じてジョイン

社長がクビになったとしても悪いことじゃない
株の過半数を渡した結果社長をクビになっても、それは会社のためになる判断のはず
その覚悟をしたうえでジョインを決意

社長と会社の利害の相反
社長が十分な生活が送れるようになると、会社を私腹のために使いがち
本当に志高く経営を続けられるのは2割ほど?

▶動画はこちら

 

 

#404 【社長宅インタビュー②】傘下入りしたおかげで助かったことは…

 

大手の傘下入り後の変化

株の売却は会社にとってプラスしかないが…
素晴らしい仲間・システム・ノウハウを得られる
社長も経営に残るが、全員が理解できることではないので、不安に思う社員もいるのは事実

原価は下がり、クオリティはトップクラスに
レポートラインが変わった分工数は増えたが、役員を2人派遣してもらい、スムーズになった面も

経営者の連帯保証も外れることに
今回の傘下入りで調達がしやすくなっただけでなく、連帯保証も外れたため、より思い切って成長していける

大手の傘下入りをする経営者へのメッセージ
仕事にアイデンティティを感じているなら、過半数近い株を手元に残すのがおすすめ

傘下入り後の野望は
10倍の開きがある建売日本一の会社を抜く
単独上場もやる予定

 

▶動画はこちら

 

▶M&A BANK YouTubeチャンネル
▶定額でM&Aの相談ができる、セカンドオピニオンサービス
※アドバイザーのご紹介も可能
▶M&A担当者・検討中の方向けコンテンツ
失敗談やノウハウなど、一般公開しにくいコンテンツを限定配信するマガジン
▶その他ご相談、お問合せ

 

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

M&Aアドバイザーの無料相談はコチラ

新着M&Aニュース

もっと読む

アクセスランキング

案件情報をお探しの方 担当からすぐに連絡いたします。



連絡手段の希望:
電話メール

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.