M&A BANK Copyright©idealink Inc., All rights reserved.

あの超優良チャンネルとの久々コラボ!【FCチャンネル竹村さん・林さん】|Vol.408-409 | M&A BANK

M&Aインタビュー

M&A BANK > インタビュー > あの超優良チャンネルとの久々コラボ!【FCチャンネル竹村さん・林さん】|Vol.408-409

2021.03.22

あの超優良チャンネルとの久々コラボ!【FCチャンネル竹村さん・林さん】|Vol.408-409

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

今回はなんと(M&A BANKがパクらせていただいた)フランチャイズチャンネルのお二人が登場!ビジネス系チャンネルの運営、武田塾のフランチャイズ本部売却についてお話ししました。

 ▶動画の一気見はこちらから◀
ゲスト■竹村 義宏 FCプロデューサー
東進衛星予備校から車買取専門店ガリバー、炭火焼肉酒家牛角、全てアーリーステージの段階で関わり業界歴25年で30を超えるFCに携わる。ゼロからFCを拡げるのが得意技で武田塾はプロデュースから3年で100校舎!

■林 尚弘 株式会社 A.ver 代表取締役
高校~浪人時代に4年間予備校の授業を受けるも偏差値が伸びなかった経験から、既存の「授業」に疑問を抱き、20歳で株式会社A.ver(エイバー)を設立、代表取締役に就任。「武田」というハンドルネームで行ったブログ「武田の受験相談所」がヒットし、ブログランキング1位に。「日本初の授業をしない塾」として、武田塾を始める。 武田塾チャンネルFCチャンネル

聞き手■島袋 直樹 M&A BANK株式会社 取締役会長
シリアルアントレプレナー。26歳でインターネット広告代理店を創業、年商20億円規模に成長させる。2016年に同社を分社化し、インターネットメディア運営を主体とするIdeaLink株式会社を創業。2017年12月、自社メディア5媒体を上場企業に事業譲渡し、2018年3月よりM&A BANKの運営を開始。「事業は創って売る」をモットーとする。「会社は伸びてるときに売りなさい。」の著者。 Twitter

 

 目次 

【武田塾を売る?】創業社長にFC本部の売却について聞いてみた|vol.408/a>
【武田塾は3桁億⁈】まんざらでもなさそうな林塾長に売却を提案したら…|vol.409

 

 

【武田塾を売る?】創業社長にFC本部の売却について聞いてみた|vol.408

 

ニッチなビジネス系チャンネルの大先輩登場!

飛躍のカギは時事ネタ
特に竹花さん、マコなり社長などビジネス系YouTuberの話題が多数視聴されました

別の事業にめちゃくちゃいい影響が
別のFC事業のオーナー・株主は全員M&A BANKをきっかけに繋がった方

YouTubeのおかげでものすごい収益が⁈
再生回数が100回ほどになったころからレベルの高い加盟者が集まるようになった
広告費を全くかけずにものすごい収益が上がっている

質の高いコンテンツが質の高いお客さんを呼んでくる
時事ネタをきちんと解説した動画でビジネス理解を深めてくれた視聴者が「筋のいいお客さん」になる

 

 

FC本部の売却、ぶっちゃけどう思う⁈

意外と事例は出てきている
FC本部の社長を信じて加盟する人は多いが、創業者がEXITした事例、その後も問題なく
経営されている事例が出てきている

▶動画はこちら

 

 

【武田塾は3桁億⁈】まんざらでもなさそうな林塾長に売却を提案したら…|vol.409

 

武田塾の売却、リアルに想定してみると…

正常収益
事業そのものが生み出す実態の収益
売却した場合に不要になる経費等を営業利益に加算する
M&Aの際によく参照される指標

林塾長は売却すべきじゃないタイプ⁈

林塾長が売却しない理由
①オーナーさんに悪い
②一気に入ったお金を使いこんじゃいそう

事業家と投資家で必要な力は違う
投資家は「お金をなくさないか」が大事
詐欺とそうでないものを見分ける力も必要

 

▶動画はこちら

 

▶M&A BANK YouTubeチャンネル
▶定額でM&Aの相談ができる、セカンドオピニオンサービス
※アドバイザーのご紹介も可能
▶M&A担当者・検討中の方向けコンテンツ
失敗談やノウハウなど、一般公開しにくいコンテンツを限定配信するマガジン
▶その他ご相談、お問合せ

 

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

M&Aアドバイザーの無料相談はコチラ

新着M&Aニュース

もっと読む

アクセスランキング

案件情報をお探しの方 担当からすぐに連絡いたします。



連絡手段の希望:
電話メール

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.