M&A BANK Copyright©idealink Inc., All rights reserved.

freeeによる合同会社のM&A|ニュース解説プレミアム Vol.25 | M&A BANK

M&Aニュース

M&A BANK > M&Aニュース > M&A戦略 > freeeによる合同会社のM&A|ニュース解説プレミアム Vol.25

2021.06.23

freeeによる合同会社のM&A|ニュース解説プレミアム Vol.25

冨岡 大悟: M&A BANK株式会社 代表取締役/公認会計士

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

記帳アプリ「Taxnote」提供のノンモ買収

 

6月10日、freeeは合同会社ノンモを完全子会社化すると公表しました。

突然ですが、ここでクイズです。
以下記事について、一点明らかな間違いが含まれています。どこでしょうか。

 

「フリーは、記帳アプリ「Taxnote」を開発・提供するノンモ(大阪府富田林市。売上高3800万円、営業利益1400万円、純資産3200万円)の全株式を取得し子会社化することを決めた。」
M&A Online『M&A速報』より

 

間違いは、「全株式」です。正解は「全持分」です。
ファイナンスや会社法に詳しい人でないとついつい間違えてしまう点ですが、合同会社の場合は株ではなく持分といいます
ということで、今回はM&A Onlineでも間違えてしまうくらい珍しい合同会社のM&Aを取り上げます。

 

合同会社の定義は、今回当事者であるfreeeのページに載っていたのでご覧ください。

【合同会社】合同会社の特徴やメリット、向いている業種とは?

 

会社は、株式会社以外に、合同会社、合資会社、合名会社の3つの形態があります。
実際は、株式会社が大半で、次に合同会社が多く、その他はほとんど見かけないという印象です。
特に個人の延長線のような小規模な会社に合同会社が多いです。ただし、アップルやアマゾンなどの外資系日本法人も合同会社だったりします。

ということで実はそこそこ多い合同会社について、M&Aの基本を知っておくことには意義がありそうです。

 

合同会社のM&Aで考えるべき点




記事全文はこちら

 

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

冨岡 大悟: M&A BANK株式会社 代表取締役/公認会計士

KPMG/あずさ監査法人のIPO部に所属。IPO関連業務、M&AのDD、会計監査等に従事。フロンティア・マネジメント株式会社にて、M&Aアドバイザー業務等に携わる。その後、オーストラリアに駐在。日系企業の海外進出支援、事業開発業務等に携わる。帰国後、TOMIOKA C.P.A OFFICEを開設。IPO、M&A、資金調達、事業開発等のコンサルティングを行う。同時に、IdeaLink株式会社の取締役CFOの他、上場準備会社を中心に3社の社外役員に就任。

M&Aアドバイザーの無料相談はコチラ

新着M&Aニュース

もっと読む

アクセスランキング

案件情報をお探しの方 担当からすぐに連絡いたします。



連絡手段の希望:
電話メール

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.