M&A BANK Copyright©idealink Inc., All rights reserved.

M&Aニュースピックアップ|19.6.24~19.6.28 | M&A BANK

M&Aニュース

M&A BANK > M&Aニュース > M&Aニュースピックアップ|19.6.24~19.6.28

2019.07.01

M&Aニュースピックアップ|19.6.24~19.6.28

安田あかね:M&A BANK編集部 ライター

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

M&Aニュースピックアップ|19.06.24~19.6.28

直近1週間で気になったM&Aニュースを取り上げ、関連情報と合わせてお届けします。
※メディア掲載のタイミングにより、直前の期間のニュースが一部含まれる場合があります。

三菱重工、ボンバルディア小型機事業を買収 590億円
三菱重工業は25日、カナダの航空機大手ボンバルディアから小型機「CRJ」事業を買収することで合意したと発表した。5億5千万ドル(約590億円)で事業を取得し、2億ドルの債務も引き受ける。ボンバルは民間旅客機事業から撤退し、ビジネスジェットや鉄道事業に経営資源を集中する。…………
記事引用元:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46571510V20C19A6EA2000/

・一時は世界第3位の旅客機メーカーだったボンバルディアが経営不振のため、市場から撤退
・三菱重工は豊富な整備拠点を手に入れて、航空機部品サプライヤーから航空機メーカーへの転換の実現を目指す

売り手から訴訟を起こされていたが、買収後に取り下げられることに
売り手のボンバルディアは注力していた旅客機の開発の遅れ、販売不振から経営不振に陥ったため、比較的好調なビジネスジェット部門に特化する方針を定め、その他の事業を順次売却してきていました。今回が最後の主要部門の譲渡になります。
実は18年10月から、三菱航空機がボンバルディアの元従業員を採用して小型ジェット機に関する企業秘密を不正に入手したとして、訴訟が起こっています。
ボンバルディアの元幹部を最高開発責任者に迎えている三菱が原告側を買収することが決まり、この訴訟は買収後に取り下げられることになりました。
訴訟では裏切者として取り上げられたであろう、三菱へと渡った元ボンバルディアメンバーが、最終的にボンバルディアを救済したようにも感じられる案件です。

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

安田あかね:M&A BANK編集部 ライター

大阪大学人間科学部を卒業後、教育系企業に就職。新規事業部にて新サービスの運営基盤づくり、スタッフの管理育成やイベント企画に携わる。
IdeaLink社ではウェブマーケティング領域の業務を経て、M&A BANKの立ち上げ・運営に関わる。サイト管理の他、経営者インタビューや記事の編集を担当。

新着M&Aインタビュー

もっと読む

新着M&Aニュース

もっと読む

アクセスランキング

案件情報をお探しの方 担当からすぐに連絡いたします。



連絡手段の希望:
電話メール