M&A BANK Copyright©idealink Inc., All rights reserved.

事業承継M&Aとは?企業のオーナー・経営者が得られる7つのメリット | M&A BANK

M&A辞典

M&A BANK > M&A辞典 > 手法 > 事業承継M&Aとは?企業のオーナー・経営者が得られる7つのメリット

2018.04.25

事業承継M&Aとは?企業のオーナー・経営者が得られる7つのメリット

安田あかね:M&A BANK編集部 ライター

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

1

オーナー・経営者や従業員が膨大な時間と資金を費やし、成長させてきた会社は大切な資産です。世代交代に迫られる経営者にとって、会社を存続し、従業員の雇用を確保するためには、上場や子供・社員への承継といった方法もありますが、M&Aで第三者に事業承継するという選択肢も検討してみてはいかがでしょうか?

これまでのM&Aは「大企業が検討するもの」というイメージがありましたが、昨今では中小・中堅規模の企業もM&A、とりわけ事業継承を活発におこなうケースも増えてきました。

「安心して会社を託せる相手が見つかるのか?」という不安も当然ですが、信頼できるM&Aを仲介会社の手助けによって、事業承継を成功させた企業は少なくありません。

ここでは、M&Aのなかでもとりわけ事業承継という手法を解説しながら、そのメリットについて解説していきます。

事業承継とは

事業承継は家族や社内に後継者のいないオーナー・経営者が、会社の株式を第三者に売却するM&Aの手法のひとつです。

経営者の引退後の経営をだれにバトンタッチするかというのは、育ててきた大切な会社を存続させるうえで、重要な問題といえます。万が一、身内に後継者がいない場合、廃業という最悪の事態も考えられるでしょう。

そこで、社外の志を同じくする第三者に新たなオーナー・経営者になってもらい、会社の存続や発展を図るM&Aの手法が事業承継です。吸収合併や会社分割などさまざまなM&Aの手法があるなかで、事業継承が選ばれる理由は、他と比べて売り手・買い手企業ともに大きなメリットがあるからにほかなりません。

事業承継7つのメリット

事業承継によって売り手企業のオーナー・経営者、会社、従業員が得られるメリットをご紹介します。「M&Aは大企業だけがするものではない」ということをご理解いただけるでしょう。

メリット1 後継者問題を解決できる

オーナー・経営者が引退後、子供や会社の従業員を後継者に据えるといったケースが多いものですが、能力的な問題や経営者としての適性の問題などでスムーズな承継が困難ということも考えられます。

M&Aを利用すれば条件にマッチングする相手を見つけることができ、売り手と買い手双方に納得の行く事業承継によって、後継者問題の解決を図ることにつながるでしょう。

メリット2.社員の雇用が保証される

オーナー・経営者の大きな悩みごとのひとつとして、事業承継後に大切な従業員の雇用が保証されるかどうかということが挙げられます。

上場企業や成長企業など優良な企業とのM&Aが実現すれば、従業員の雇用を継続させるだけでなく、これまではできなかった育成強化やキャリア開発など、従業員の成長機会が増加する場合があるでしょう。

メリット3.企業体質の強化に期待できる

優良企業への事業承継は、より事業基盤の強固な企業との資本業務提携による企業体質の強化が図れるということに他ほかなりません。

大企業の信用を背景にした販路の拡大や円滑な資金調達はもちろん、経営のスリム化も可能となり、新しい事業展開や経営の効率化にも期待できます。

メリット4.早期引退で充実した時間が手に入る

M&Aで株式を売却すれば、経営者・オーナーは大きな資金を得ることになります。引退後の時間を有意義に過ごしたり、資金を使って新たな事業をスタートさせたりと、充実したセカンドライフを送ることができるでしょう。

メリット5.個人保証や担保提供から解放される

中小企業などでは、会社の借り入れに対してオーナー・経営者が個人保証や担保提供を付けているケースがよく見られます。

事業承継後は資産とともに負債も相手企業に移るため、個人保証や担保提供から解放されるとともに、家族や身内の連帯保証も解除されるので安心して引退することができるでしょう。

メリット6.役員として会社に残ることも可能

オーナー・経営者は事業継承後に経営から一切手を引くことができるほか、代表を退いた後も相談役や役員として会社に残ることも可能です。

先代経営者の信用力を活用して、売り手・買い手企業ともに発展していくことができるというメリットが得られます。

メリット7.日本の経済損失を回避する

大きな見方をすれば、そもそもM&Aで事業承継を図るということは、雇用の安定や事業の発展、引いては廃業による日本の経済損失を回避するということにもつながります。

中小・中堅企業こそ、経営戦略のひとつとしてM&Aを積極的におこない、事業承継によって後継者問題をはじめとするさまざまな問題が解決できるという認識が広がれば、M&Aの社会的意義は大きいといえるでしょう。

おわりに

事業承継には買い手企業が見つからない、納得の行く条件がなかなか提示されないなどデメリットもありますが、それらを上回るメリットがあることも事実です。実際に、事業承継によってここで挙げたいくつかのメリットを得た中小企業・中堅企業の事例は数多くあります。

後継者問題や会社の存続にお悩みのオーナー・経営者の方は、M&Aにはどのようなメリットがあるのかということを確認していただき、ぜひ引退後の事業承継の参考にしていただければ幸いです。

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

安田あかね:M&A BANK編集部 ライター

大阪大学人間科学部を卒業後、教育系企業に就職。新規事業部にて新サービスの運営基盤づくり、スタッフの管理育成やイベント企画に携わる。
IdeaLink社ではウェブマーケティング領域の業務を経て、M&A BANKの立ち上げ・運営に関わる。サイト管理の他、経営者インタビューや記事の編集を担当。

M&Aアドバイザーの無料相談はコチラ

新着M&Aニュース

もっと読む

アクセスランキング

案件情報をお探しの方 担当からすぐに連絡いたします。



連絡手段の希望:
電話メール

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.