M&A BANK Copyright©idealink Inc., All rights reserved.

2019年、M&A展望大予測|Vol.120 | M&A BANK

M&Aインタビュー

M&A BANK > インタビュー > 2019年、M&A展望大予測|Vol.120

2019.01.08

2019年、M&A展望大予測|Vol.120

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

新年、あけましておめでとうございます。

島袋
みなさま、あけましておめでとうございます。

いよいよ2019年が始まりました。

冨岡
島袋さん、服装が変わってないから、12月ってバレちゃってますよ。

島袋
バレちゃいました?撮りだめバレちゃいました?(笑)
いや~、違う服持ってこればよかったなあ…

ともかく、2019年もM&A BANKをよろしくお願いいたします。

2019年、M&Aの展望とは

島袋
冨岡くん、2019年のM&Aの展望はどんな感じでしょうか。

冨岡
年末にお届けしたとおり、2019年は本業あるいは本業の周辺で攻める、本業回帰のM&Aが増えていくんじゃないかなというのが1つ。

そしてあと1つは、2019年は景気が少し下がるかもしれないと言われているので、売り手のバリュエーションが下がって、買い手は昨年なら10億じゃないと買えなかった会社を5~6億くらいで買えるようになるかもしれません。
その点では、キャッシュを潤沢に抱えている買い手にとっては、M&Aのチャンスの年になるんじゃないかなと思います。

3つ目は単純に、前々回の動画でもお話しした通り、M&A仲介会社もどんどん増えて、M&Aが一般的にとらえられるようになってきて、景気がいい悪い関係なくどんどん増えていくフェーズなんです。
なので、昨年並みかそれ以上には(M&A件数が)増えるだろうなとはシンプルに予測できます。

この3つぐらいが、2019年のM&Aのトレンドになるかなと思っています。
我々M&A BANKは、2019年はどうしましょうね。

M&A BANKは、どうしましょう?

島袋
2019年は原点回帰や景気の悪化が起こるかもしれませんが、引き続き、売りたいなという人が正しく評価されて、希望よりも高いバリュエーションでバイアウトできて、かつPMIもうまくいくM&Aが実現ができればいいなと思っています。

もっとセルサイドにためになるサービスをやりたいと考えて、一つ選択肢として挙がってきているのは、アドバイザーを紹介するサービスです。

アドバイザーさんは本当にたくさんいらっしゃいますし、大手の上場している企業の中ですら、部署や個人によって契約書の言葉やバリュエーションが違ってくるくらいなので。

その方にとってのベストなアドバイザー紹介というのは、もちろん慈善事業ではできないので、紹介フィーが発生する形になります。
ただ、その分はアドバイザーさん側から少し分けてもらいますが、その分僕たちも「高いバリュエーションで売る」ということを同じくゴールにして、サービスや情報を提供したいなと考えています。

今年はこういうことをやりたいですね。

冨岡
売りたいなと考えているけれど、よくわからないことが多いオーナーさんの役に立てて、仲介会社に相談する時よりもフィーがおさえられる。
そういう立ち位置を狙いたいですね。

島袋
世の中には、何度かご出演いただいているアドバイザーの金さんのように、「しっかりやれば〇年後にはこれくらいの事業になります」「どこのファンドが買います」「ファンドの誰々は友達です」みたいに、裏の情報をいっぱい持っていて、FacebookのメッセージでM&Aを成立させられる人もいるんですよ。

そういう人にお願いすると、「ココだけ上手く問題を潰してもらえますか?」みたいなことも依頼できたりして、事がうまく進みます。

それを知らず、誰でも一緒だと思って相談をしてしまうと、少し時間が勿体ないんです。
アドバイザーを変えようかなと思っても、よくよく契約書を見てみたら2年間独占契約されていた、なんてもこともありますから。

冨岡
ありましたね。

島袋
ありましたよね。(笑)
そういうことにならないに、セルサイドに立ってくれるアドバイザーをご紹介したいなと思っています。

冨岡
そうすると、これからもいろんなアドバイザーさんたちと会っていかないといけないですね。

島袋
そうですね。
この動画をご視聴していただいているM&Aアドバイザーの方で、「この業界は絶対に誰にも負けないぞ」みたいな強みのある方は、ぜひご連絡下さい。

冨岡
ゲーム業界に強いとか不動産に強いとか、ニッチに特化している方がいるといいですね。

島袋
ご連絡お待ちしております!
それではまた、M&A BANKでお会いしましょう。
2019年も引き続きよろしくお願いします。

【出演者情報】
■島袋直樹:IdeaLink株式会社-代表取締役
26歳だった2008年にインターネット広告代理店を創業、年商20億円規模に成長させる。2014年にIPO準備に取り掛かるも、のちに断念。2016年に同社を分社化し、インターネットメディア運営を主体とするIdeaLink株式会社を創業。「事業は創って売る」がモットー。「会社は伸びてるときに売りなさい。」の著者。

■冨岡 大悟:TOMIOKA C.P.A OFFICE 代表/公認会計士
KPMG/あずさ監査法人のIPO部、フロンティア・マネジメント株式会社でのM&Aアドバイザー業務を経て、オーストラリアに駐在。日系企業の海外進出支援、事業開発業務等に携わる。帰国後にTOMIOKA C.P.A OFFICEを開設。IdeaLink株式会社の他、上場準備会社を中心に3社の社外役員も務める。

【IdeaLink株式会社のM&A実施背景】
資本力と競合優位性を俯瞰して自社サービスを見直した際、現状の経営資源では更なる成長は困難と判断。「フランチャイズの窓口」、クレジットカード比較4サイトを、2017年12月25日にシェアリングテクノロジー株式会社(東証マザーズ3989)へ売却(新設分割)。その後は売却した資金をもとに、「事業家集団」として新たなビジネスの種まきに奮闘中。

【YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCbxAeKe2f9WZGbKy1jHV0Dw

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

新着M&Aインタビュー

もっと読む

新着M&Aニュース

もっと読む

アクセスランキング

案件情報をお探しの方 担当からすぐに連絡いたします。



連絡手段の希望:
電話メール