M&A BANK Copyright©idealink Inc., All rights reserved.

これからサイトを売る人が注意すべきこと|Vol.231 | M&A BANK

M&Aインタビュー

M&A BANK > インタビュー > これからサイトを売る人が注意すべきこと|Vol.231

2019.11.12

これからサイトを売る人が注意すべきこと|Vol.231

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

 目次 

1.  今売れるのは、○○○○○がいいサイト?
2.  最近、相場が下がってきている理由
3.  PMIはあまり重くない?でも要注意なのは
4.  会員が多ければ、本来のバリューも高いけど…

 

今売れるのは、○○○○○がいいサイト?

島袋
今回も200回もM&A経験をされた有薗さんに来ていただいております、よろしくお願いいたします。

200回って相当すごいと思うんですが、そんな実績をお持ちの有薗さんにぜひ聞きたいんですが、今はどんなサイトが売れるんですか?

有薗
最近はちょっと売れにくいと思います。SEOのアップデートが9月末にけっこう頻繁にきてしまったので、なかなかシビアな状況になっている感じですね。

島袋
へぇー。じゃあ逆に、(評価や売り上げが)下がったサイトを売る方の相談が多そうですね。

有薗
そうですね、売り案件の相談をすごくいただいています。

島袋
そういうのって買っていいんですかね?買って、また上がるんでしょうか。
また上がってもまた下がるかもしれないし、実際どうなんでしょう。

有薗
使いようによるとは思いますね。もうドメインの歴史、ドメインのパワー云々ではなく、そのコンテンツがいいから買う企業様もいらっしゃいます。
SEOで落ちてしまったサイトのコンテンツが魅力的だったら買って、自社のサイトにコンテンツを載せ替えるという買い方はありだと思いますね。

島袋
自社のサイトをバリューアップするためにコンテンツを買う感じなんですね。

有薗
そうですね、ドメインが下がってしまったものが買ったあとで復活することはなかなか今難しいので、(ドメインの評価が上がると期待する)買い方だとあまり上手くいかないかもしれません。

島袋
なるほど。SEOありきのサイトのお話でしたが、広告メインのサイトだとちょっと売りにくいですか?

有薗
売りにくいということはないんですが、それだと結局アド運用は誰がやるの?という話になってしまいます。
アド運用していたサイトを担当者を付けずにキーワードのレポートだけ譲渡するというのはちょっと難しいかもしれないですね。

 

最近、相場が下がってきている理由

島袋
比較サイトの売却金額の相場は「利益の何倍」みたいなかんじであるんでしょうか?

有薗
比較サイトの場合、利益の20ヶ月分から30ヶ月分ぐらいが相場だったと思うんですが、最近はアップデートが頻繁に起こってしまった関係でだいぶ厳しくなってきていて、10ヶ月分から15ヶ月分くらいですね。

なので月利益10万円のものは昔だったら200万円〜300万円でも売れたんですけど、今は120万円、あるいは150万円で売れればOKですね。

島袋
そういうことなんだ。
逆に昔は売れていたけど、今は売りにくいタイプのサイトってありますか?

有薗
やっぱりグーグルでYMYLと言われている領域のあたりはなかなか売れづらいかなと思います。
キャッシングとか、生命保険とか。

島袋
なんで売りにくいんですか?

有薗
やっぱりアップデートが頻繁に起きちゃうのと、広告主が昔のように安定してこのメディアにいくら払うというのがしにくくなっている状況があります。
たとえば新規でキャッシングの比較サイトを運営しだしたとしても、新規の広告はいい条件を取りにいきづらいんですね。
そういう理由で回収しにくいことがあるので、古くからアフェリエイトをやっている方たちじゃないと、なかなか参入できない領域だったりします。

島袋
そうか!しかもそれが事業譲渡となると、ひとつひとつ契約がまた巻き直しになるから、1件あたりの単価が下がることもあるでしょうし…

株式譲渡で分割して会社ごと買うんだったらまだしも、それを知らずして事業譲渡で買っちゃったら地獄ですね。

 

PMIはあまり重くない?でも要注意なのは

島袋
比較サイトのM&Aの場合は、PMIはそんなに必要なさそうですよね。
引き継ぎもサクッと終われそう。

有薗
そうですね。

島袋
そういうサイトを譲渡したときに、対クライアントの関係性ってどうなるんですか?あまり関係ないですか?

有薗
クライアントはあまり喜ばないかもしれないですね。
やはり広告主は「このメディアのこの運営者だからこそこういう(単価)条件を出してる」部分があったりするので、そういう関係性を1度リセットしてしまうことになります。
「このサイト、もう売ろうと思ってるんだよね」ということが広告主に知れ渡ると、あまりいいことはないですね。

島袋
…どうするんですか?

有薗
まぁ、内密に動く、ですね。

島袋
それで、いきなり言う?

有薗
いきなりというか、ちょっと根回しはするんですけど。
「ちょっと、そろそろ運営がしんどくなっているんだよね」みたいな匂わせから。

島袋
あぁ〜、大事ですよね。僕も1回それ失敗したからなー!

 

会員が多ければ、本来のバリューも高いけど…

島袋
逆に、今後はどういうサイトがバリューションが付きやすいとか、高く売れやすいということがあれば教えてください。

有薗
そうですね、たとえば食べログとか@コスメのように、商標検索で入ってきているような名前が知れ渡っているサイトはやっぱり強いですよね。
あるいは会員さんが付いていることが非常に重要になってくるかと。
SEOありきじゃない、ということが大事ですね。

島袋
会員情報と言うと、ぶっちゃけメールアドレスって死んでいるじゃないですか。
となると、今はLINE@とか他のプラットホームの中で保有している会員でもありなんでしょうか?

有薗
もちろんアリです。
ただ、利用規約をよく精査しないとたとえばLINE@やアマゾンのアカウントが譲渡できないということも、ものによってはあります。
そのあたりはちゃんと精査しないといけないですね。

島袋
確かにそうだ。

じゃあまたいろいろと次回聞きたいことがありますので、M&A BANKでお会いしましょう。
ありがとうございました。

 

【出演者情報】
■有薗隼人:株式会社GEAR-代表取締役
GMOインターネット株式会社にて2年半広告営業を担当。クライアントには1度も会わずに電話のみで累計1億円以上を販売。2011年株式会社GEARを創業。自社で作ったアフィリエイトサイトの売買など今まで累計200回以上のサイトM&Aを経験。昨年はサイトM&Aの仲介も行い取扱高2億円を突破。現在は婚活アプリの比較サイトなどを運営している。

■島袋直樹:M&A BANK株式会社-取締役会長
シリアルアントレプレナー。26歳でインターネット広告代理店を創業、年商20億円規模に成長させる。2016年に同社を分社化し、インターネットメディア運営を主体とするIdeaLink株式会社を創業。2017年12月、自社メディア5媒体を上場企業に事業譲渡し、2018年3月よりM&A BANKの運営を開始。「事業は創って売る」をモットーとする。「会社は伸びてるときに売りなさい。」の著者。

順次更新、有薗さんのご出演動画 一気見はこちらから
(M&A BANK YouTubeチャンネル)

定額でM&Aの相談ができる、セカンドオピニオンサービス
※アドバイザーのご紹介も可能

 

その他ご相談、お問合せ

 

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

M&Aアドバイザーの無料相談はコチラ

新着M&Aニュース

もっと読む

アクセスランキング

案件情報をお探しの方 担当からすぐに連絡いたします。



連絡手段の希望:
電話メール

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.