M&A BANK Copyright©idealink Inc., All rights reserved.

サイトキャッチャー5代目が語る業界の歴史【M&Aファースト・横山氏】|Vol.332 | M&A BANK

M&Aインタビュー

M&A BANK > インタビュー > サイトキャッチャー5代目が語る業界の歴史【M&Aファースト・横山氏】|Vol.332

2020.09.24

サイトキャッチャー5代目が語る業界の歴史【M&Aファースト・横山氏】|Vol.332

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

大手も次々参入し、プレイヤーの入れ替わりが激しいサイトM&A仲介業界。今回は、 その中で最古参サイトであり、今も国内実績No.1を誇る『サイトキャッチャー』の5代目のオーナーとなった横山さんにお越しいただきました。

■横山 良雄氏 M&Aファースト株式会社 2番サード
2005年に大学卒業後、リフォーム営業の会社に就職。その後、ネット広告代理店のセプテーニ・ホールディングスや、楽天でネット広告企画・販売、ウェブマーケティング事業に従事。2015年に独立してAishare株式会社 代表取締役に就任。大手自動車メーカー、マテリアルメーカー、女性メディアなどのウェブ戦略、マーケテイングを実施。2020年9月にサイトキャッチャー事業を買収し、M&Aファースト株式会社を設立。

 

#332 【サイトM&A仲介の先駆者】サイトキャッチャ―5代目が語る業界の歴史

 

M&Aファーストの「2番サード」?横山さん登場

  • 横山さんのキャリア
    リフォーム会社を経て、セプテーニグループにてネット広告代理店として2年働く
    楽天にてEC・トラベルのウェブマーケ・ポイント施策を行い、6年半で独立
    独立後5期目、本業はウェブマーケティングのコンサル・業務委託
  • 2020年9月、成り行きで??サイトキャッチャーを買収
    コロナ拡大前の3月ごろ、売り手側から仲介を頼まれたのがきっかけ
    買い手候補から「一緒にやろうよ」と誘われ、資金を出して取り組むことに
    実質買い手になるが、仲介は公平に行うと売り手に伝えて実行
    現在は3人でほぼ当分に株を持っている
    金額は○千万円(※3代目に売却されたときで3000万円だった)
  • コロナ禍で人と会いにくい時だからこそ
    ネット上でM&Aしたい人を集められる場所はさらに価値が出ると考えた

 

サイト売買仲介サイトの歴史

  • サイトキャッチャ―は国内最古参のプレイヤー
    サイトキャッチャ―は2005年5月13日からある、国内初のサイト
    立ち上げたのは株式会社メディアネット、2年後にフルスピードに売却
    2010年光通信へ事業譲渡、2012年にはセルフデザインHD(現ファベルカンパニー)へ
  • ビジネスは15年変わらないが、他社も持ち主が変遷している
    今でもある『サイトストック』は2008年、アイレップがデジパから取得
    バトラーズ社の『サイトM&A』はGMOが取得したのち、2018年に事業停止
    M&A BANK出演の『UREBA』は2020年7月にフォーイットへ事業譲渡
    ※フォーイット社はフルスピード子会社。フルスピードGはよくこの業界に挑戦している

 

サイトキャッチャ―、どうなの?

  • プランは介入ある/なしで2種類
    仲介を依頼できるプランと、売り手・買い手が直接やり取りするプラン
    ある程度介入があった方がマッチングの精度は上がりやすい
  • 今の相場は?
    営業利益の半年~1年分+α
    会員資産、顧客資産、ドメイン歴の古さなど独自の価値があれば加算される
    2020年7月ごろから売りも買いもかなり増えてきた
    コロナの影響ももちろんだが、別のことに挑戦したい、情熱が続かないといった理由もある
  • 今後の方針は?
    売上No.1を目指し、さらにプレゼンスを高める
    事業提携も柔軟に検討する予定

▶動画はこちら

 

M&A BANK経由でのご連絡限定
【お問合せ特典】「30分のオンライン面談」
詳細・お問い合わせはこちら

 

M&A BANK YouTubeチャンネル
定額でM&Aの相談ができる、セカンドオピニオンサービス
※アドバイザーのご紹介も可能
その他ご相談、お問合せ

 

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

M&Aアドバイザーの無料相談はコチラ

新着M&Aニュース

もっと読む

アクセスランキング

案件情報をお探しの方 担当からすぐに連絡いたします。



連絡手段の希望:
電話メール

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.