M&A BANK Copyright©idealink Inc., All rights reserved.

VAZの買い手はある大騒動の経験者でした【共同ピーアール・谷社長】|Vol.378-381 | M&A BANK

M&Aインタビュー

M&A BANK > インタビュー > VAZの買い手はある大騒動の経験者でした【共同ピーアール・谷社長】|Vol.378-381

2021.01.16

VAZの買い手はある大騒動の経験者でした【共同ピーアール・谷社長】|Vol.378-381

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

以前時事ネタとして解説させていただいたニュースについて、なんとご本人がお話ししに来てくださいました!共同ピーアール社社長である谷社長が、VAZを個人で買収した経緯とは…?
さらに、共同ピーアール社代表に就任される前に経験された「プロキシーファイト」当事者としてのかなり貴重なお話をぶっちゃけていただきました!!

▶動画の一気見はこちらから◀

ゲスト■谷 鉄也 共同ピーアール株式会社 代表取締役社長
1970年生まれ、2001年に株式会社新東通信入社、2013年から同社代表取締役社長。2015年、共同ピーアール株式会社取締役。2015年、同社代表取締役社長(現任)。2020年10月、株式会社VAZの全株式を譲受、取締役会長に就任。

聞き手■冨岡 大悟 M&A BANK株式会社-代表取締役/公認会計士
KPMG/あずさ監査法人のIPO部、フロンティア・マネジメント株式会社でのM&Aアドバイザー業務を経て、オーストラリアに駐在。日系企業の海外進出支援、事業開発業務等に携わる。帰国後にTOMIOKA C.P.A OFFICEを開設。IdeaLink株式会社のCFOの他、上場準備会社を中心に3社の社外役員も務める。

聞き手■福住 優 M&A BANK株式会社 事業戦略営業部
中央大学入学後経理研究所にて2カ月で簿記検定2級を取得。その後、2019年春からインターンにて、ベンチャー企業から大企業まで幅広く営業を行う法人営業に従事。インターン参画後、学業の傍ら、1か月で約70名の経営者にセールス活動を行った。その営業活動にて島袋と出会い、ブティック型投資銀行でのインターンを経て、現在に至る。座右の銘は、「攻め」。

 

 目次 

#378 【ご本人登場!】VAZを個人で買収した共同ピーアール社谷社長が降臨!
#379 【実はある大騒動の経験者】一株主だった谷氏が代表に就任するまでの顛末
#380 【貴重すぎる】プロキシーファイト当事者による経験談
#381 【DX化の波】コロナによるPR業界の変化

 

 

#378 【ご本人登場!】VAZを個人で買収した共同ピーアール社谷社長が降臨!

 

ご本人登場・VAZを個人で買収した谷社長

  • 谷社長プロフィール
    共同ピーアール社で2015年から社長を務める
    広報会社・新東通信から出向
    企業のPRをニュースに仕込む広報コンサルティング

VAZに個人出資した経緯

  • 2016年:新東通信で営業協力を開始
    ローカルインフルエンサーを集めたいと思っていた際に
    ちょうど知人に森社長を紹介された
  • 2018年:個人での出資を実施
    最後の資金調達時に出資を依頼された
    人材ビジネスへの参入計画も評価して、出資を決意
  • 旬を迎え、勢いにのっていたVAZ社
    大手プロダクション・TV局・広告会社など
    そうそうたる企業からの出資を受けていた
    新しい領域に強いことも魅力的だった
  • 2020年:谷社長が個人で買収
    トラブルが続き、赤字状態なので、いち株主として心配していた
    そのままでは潰れそうな状況で森社長から支援を求められ、決断
  • 他の株主の協力も得ながら、関係回復に取り組む
    買収というよりは、筆頭株主としてクリエイターなど内部の関係回復をしている

▶動画はこちら

 

 

#379 【実はある大騒動の経験者】一株主だった谷氏が代表に就任するまでの顛末

 

谷社長の経歴でかなり気になることが…

  • PR業界の老舗・共同ピーアール社
    東京オリンピックの頃に創業
    創業者の大橋氏はPR業界の天皇とも呼ばれたが
    トラブルもあり、のちに社長を退任
  • 株主としてテコ入れをしたかったが……
    新東通信の社長時代に、第3位の株主・ADKから株を買収
    業績が悪化し、役員を送り込みたかったが通らず
  • 創業者の息子も説得し、筆頭株主になっても……
    創業者の息子も説得し、20%買い増して筆頭株主に
    5億円の赤字が出ている中でも、提案は聞き入れられなかった

そして至ったのが『プロキシーファイト』

  • 騒ぎになりがちな買収、『プロキシーファイト』
    株主と経営者の間での委任状の争奪戦
    大塚家具の件でも有名、なんと株主総会も同じ日だった

 

▶動画はこちら

 

 

#380  【貴重すぎる】プロキシーファイト当事者による経験談

 

『プロキシーファイト』生々しい体験談

  • やりたくなくても、やらないわけにはいかなかった
    騒ぎになり、叩かれるリスクもあるためとにかく反対されたが
    やらずにつぶれるわけにも、やって負けるわけにもいかない
    絶対に勝つため、命を懸けてやった
  • 株主一人一人を訊ねる「選挙活動」がスタート
    30人体制で、上位株主から一人一人に話をしようと奔走
    逃げる人もいたが、多くの株主は同じ心配を抱えていた
  • 株主・創業者との約束を果たすために経営している
    今も、賛同してくれた株主の期待に応え
    創業者とした約束を果たすために経営している
  • 現VAZ社長の小松氏がプロキシーファイトを支援
    おそらく勝てる見込みだったが、定数不足になる可能性も
    小松氏に薦められ、念のため動議を出す形をとった
    小松市はなんと3度のプロキシーファイト経験者!!
  • こんなに大変なこと、マネーゲームならやらない
    株主側は乗っ取りの印象が強く、20%獲得するのも大変だった
    役員として入ったが、よりコミットが必要と判断し、会長に
  • プロキシーファイトの緊張感は半端じゃない
    ※限定公開…詳細はこちら

 

▶動画はこちら

 

 

#381 【DX化の波】コロナによるPR業界の変化

 

2018年の中期経営計画、コロナを受けてどう変えた?

  • むしろコロナでやるべきことが明確化された
    デジタル化、業際化を進める必要が高まった
    広告業界とPR業界の垣根をなくしていく機運が高まっている
  • PR業界のニーズの変化
    月額制のコンサル支援のニーズは変わらないが
    記者会見など人が集まるスポット案件は減少
    一方、オンライン記者会見といった新しいニーズも
  • DX化はいろんな側面に必要
    まずは既存のリアルなコミュニケーションへの活用
    そしてバックオフィス、その先に事業そのもののDX化
  • 2021年の目標はリブランディング
    ロゴやブランドブックだけでなく
    事業そのものの変化も必要
    そのための強力なパートナーがVAZ
  • VAZは3つの軸で展開
    ①クリエイタープロダクション
    ②自社のメディアの充実
    ③企業のオウンドメディア運営支援

 

▶動画はこちら

 

▶M&A BANK YouTubeチャンネル
▶定額でM&Aの相談ができる、セカンドオピニオンサービス
※アドバイザーのご紹介も可能
▶M&A担当者・検討中の方向けコンテンツ
失敗談やノウハウなど、一般公開しにくいコンテンツを限定配信するマガジン
▶その他ご相談、お問合せ

 

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

M&Aアドバイザーの無料相談はコチラ

新着M&Aニュース

もっと読む

アクセスランキング

案件情報をお探しの方 担当からすぐに連絡いたします。



連絡手段の希望:
電話メール

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.