M&A BANK Copyright©idealink Inc., All rights reserved.

富裕層を様々な面で支えるファミリーオフィス【志田幸宏氏】|Vol.545-546 | M&A BANK

M&Aインタビュー

M&A BANK > インタビュー > 富裕層を様々な面で支えるファミリーオフィス【志田幸宏氏】|Vol.545-546

2021.11.03

富裕層を様々な面で支えるファミリーオフィス【志田幸宏氏】|Vol.545-546

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

ごく一握りの富裕層のために存在する「ファミリーオフィス」。究極のプライベートバンクとも言われる彼らのサービス内容とは…?
相続に関してはどんなアドバイスをしているのでしょうか。

▶動画の一気見はこちらから◀

ゲスト■志田 幸宏氏 Providentia Wealth Advisory Ltd  Executive Director

島袋 直樹 M&A BANK株式会社 取締役会長
シリアルアントレプレナー。26歳でインターネット広告代理店を創業、年商20億円規模に成長させる。2016年に同社を分社化し、インターネットメディア運営を主体とするIdeaLink株式会社を創業。2017年12月、自社メディア5媒体を上場企業に事業譲渡し、2018年3月よりM&A BANKの運営を開始。「事業は創って売る」をモットーとする。「会社は伸びてるときに売りなさい。」の著者。 Twitter

 目次 

【世界の富豪の常識】ファミリーオフィスの中の人登場|Vol.545
【トラスト(信託)】一番いい組み方をファミリーオフィスの中の人に聞いてみた|Vol.546

 

 

【世界の富豪の常識】ファミリーオフィスの中の人登場|Vol.545

 

ファミリーオフィスとは?

ファミリーオフィスとは
個人やその一族の投資管理や資産運用を担うだけでなく、子弟教育や財団づくりの手伝いなど、幅広いサポートを行う

志田さんの会社「Providentia Wealth」とは…
アルゼンチンのベンベルグ家を顧客に持ったファミリーオフィスからシンガポール支店の仲間とMBOして独立

 

プライベートバンクとはどう違う?

かつてのプライベートバンクと似ている?
今では資産運用のイメージが強いプライベートバンクだが、昔は金融以外のサポートもやっていた
独立系のファミリーオフィスであれば、投資先も銀行や国に縛られず柔軟に選んで運用を代行してくれる

 

ファミリーオフィスを利用できる基準

ファミリーオフィス利用基準は?
顧客の居住地はシンガポールでなくても可
最低でも資産2億~5億円以上。
数千億規模の顧客もいるが、ボリュームゾーンは10億~50億

資産が減った人は1%ほど!?
預ける金額が大きい人ほどリスクを取らず堅く運用している(債券など)ため、資産が減る人はごく一部
リスクをとるのは事業で、という人が多い

 

▶動画はこちら

 

 

【トラスト(信託)】一番いい組み方をファミリーオフィスの中の人に聞いてみた|Vol.546

 

志田さんは恩人!

シンガポールにいられるのは志田さんのおかげ!
島袋のシンガポールのVISA更新が危うくなったときに助けていただいた
クラブピラティスシンガポールの事業計画書も作っていただいた

 

ファミリーオフィスの働き方

プライベートバンクの人も、ファミリーオフィスで働きたいのでは?
プライベートバンクはノルマがあり、自社商品の売り込みもしないといけない
ファミリーオフィスは運用だけでなく、信託、VISA周り・会社設立のサポートや上場準備、資本政策など収益が上がりやすい様々なサービスを行っている
その分忙しいが、運用だけで収益を上げる必要があるプライベートバンクよりゆとりのある一面も

 

トラストはいつから、どう準備すべき?

トラストを始めるベストな時期は?
体がピークを超えたと感じる年齢、40代後半ぐらいから考え始める人が多い

若いうちから海外で運用している人も多い?
香港やシンガポールで個人名義でする人が多いが、法人やトラストの名義で行っている人も
中にはファンドを作ってベンチャー投資を行う人も

メジャーな運用スキームの注意点・より節税になる方法

 

 

▶動画はこちら

 

 

▶売却・買収のご相談はこちら
▶【実践者向け】ノウハウ凝縮動画『M&A実務 完全習得講座』
▶【ランチ1回分】「M&Aのリアル」がわかる有料コンテンツ
▶定額でM&Aの相談ができる、セカンドオピニオンサービス

 

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

M&Aアドバイザーの無料相談はコチラ

新着M&Aニュース

もっと読む

アクセスランキング

案件情報をお探しの方 担当からすぐに連絡いたします。



連絡手段の希望:
電話メール

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.