M&A BANK Copyright©idealink Inc., All rights reserved.

あのビッグディールから学べる重要ポイント|プレミアム Vol.13 | M&A BANK

M&Aインタビュー

M&A BANK > インタビュー > あのビッグディールから学べる重要ポイント|プレミアム Vol.13

2019.02.27

あのビッグディールから学べる重要ポイント|プレミアム Vol.13

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

 目次 

1.  M&Aなら普通「3分の2以上」を取るのに?
2.  いったいどうやって50億も借りたのか

 

M&Aなら普通「3分の2以上」を取るのに?

島袋
今回も、ふるさとチョイスのトラストバンク社を買収された、株式会社チェンジの福留社長に来ていただいています。
今回取得された株の割合は60.1%とのことですが、なぜこの数字なんでしょうか?

福留
60%と40%ってちょうどいいなと思っているんですよ。
普通のM&Aであれば67%とか、3分の2より上を取りにいきますよね。



 

いったいどうやって50億も借りたのか

島袋
M&Aするとなったら、銀行にお金を貸してくださいと言うわけですが、そのときはどういう風に交渉されたんですか?

福留
交渉のしかたは非常にシンプルですよ。
我々を担当している支店があるんですが、1番仲がいい銀行一択ですね。



全文はプレミアム会員のご登録をいただくと読むことができます。
ご購読こちら

 

【出演者情報】
■福留 大士:株式会社チェンジ-代表取締役兼執行役員社長
アンダーセンコンサルティング(現 アクセンチュア)にて約3年勤務したのち、独立。2003年に当社を設立する。eビジネス戦略立案、経営計画立案、海外法人設立、BPR等のプロジェクトを公共領域などで豊富に経験。現在は新しいIT技術を活かし、日本企業の変革を促す事業を主に手掛ける。
【株式会社チェンジのM&A概要】
2018年11月、もともと取引先だった、ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」等の運営・企画を行う株式会社トラストバンクの株式を取得(子会社化)。地域の地場産業における支援、パブリテック事業を通じた地域の課題解決に取り組む方針を進める。

■島袋直樹:IdeaLink株式会社-代表取締役
26歳だった2008年にインターネット広告代理店を創業、年商20億円規模に成長させる。2014年にIPO準備に取り掛かるも、のちに断念。2016年に同社を分社化し、インターネットメディア運営を主体とするIdeaLink株式会社を創業。「事業は創って売る」がモットー。「会社は伸びてるときに売りなさい。」の著者。

【YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCbxAeKe2f9WZGbKy1jHV0Dw

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

新着M&Aインタビュー

もっと読む

新着M&Aニュース

もっと読む

アクセスランキング

案件情報をお探しの方 担当からすぐに連絡いたします。



連絡手段の希望:
電話メール