M&A BANK Copyright©idealink Inc., All rights reserved.

事業承継のプロ!事業承継士をM&Aや後継者選びに利用するメリットとデメリット | M&A BANK

M&A辞典

M&A BANK > M&A辞典 > 手法 > 事業承継のプロ!事業承継士をM&Aや後継者選びに利用するメリットとデメリット

2018.05.16

事業承継のプロ!事業承継士をM&Aや後継者選びに利用するメリットとデメリット

安田あかね:M&A BANK編集部 ライター

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

1

会社を後継者へと受け継ぐ事業承継を成功させるためには、万全の準備を整える必要があります。事業承継の失敗は会社の業績不振や従業員のモチベーションの低下などに繋がるため、何としても成功させたいところでしょう。

しかし、経営者だけの力で事業承継を成功させることは至難の業なので、様々なノウハウや経験を元にした事業承継対策に対応できる「事業承継士」の力を借りることについても検討してみるとよいでしょう。

ここでは、事業承継士に依頼する方法や、依頼するメリット・デメリットについてご紹介します。

事業承継士とは

事業承継士は一般社団法人事業承継協会の認定資格で、事業承継が成功するよう適切にサポートする専門家です。

事業承継士になる条件として、中小企業診断士や税理士、公認会計士、弁護士、行政書士など事業承継に能力を活かすことができる一定の資格保持者であるか、またはこれらの資格と同等の能力と知識を持っている必要があります。

事業承継士には経営者と後継者の個別面談や経営会議への参加などが求められ、事業承継計画の立案や株式対策、節税対策など様々な業務を一任できます。

事業承継士を利用するメリット

事業承継は、経営者だけでも成功させることは可能ですが、大きなリスクを伴います。事業承継士に依頼することには、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

事業承継に関する情報を得られる

事業承継の成功のために準備を進めたくても、普段の業務や接待などがあるために時間を割くことができないケースがあります。また、事業承継のために準備が必要なことから調べる必要があり、そのような時間すら確保できない場合もあるでしょう。

事業承継士に依頼することで、準備が必要なことや進め方についてアドバイスを受けられ、まず最初の一歩が踏み出しやすくなります。

事業承継の方法についてアドバイスを得られる

また、事業承継の方法についてのアドバイスを受けられることも大きなメリットです。

事業承継には、子供を後継者にするパターンだけではなく、他社の役員や社員を後継者にしたり、M&Aで合併・売却したりするパターンがあります。
現在の経営状況や後継者候補である子供の経営能力によっては、親族外承継やM&Aを選んだ方がよい場合があるのです。

そもそも適切なパターンを選ぶことができなければ、スムーズに事業承継できたとしても、その後に業績が悪化したり従業員が次々と退職したりといった問題が起こる可能性があります。

このようなリスクを下げられることも、事業承継士に依頼するメリットと言えるでしょう。

事業承継士を利用するデメリット

事業承継士に依頼するデメリットは、費用がかかることです。依頼内容によって異なりますが、一般的に数十万円単位での費用がかかります。
しかし、事業承継に失敗するとより多くの損失が生まれる可能性もあるため、それほど高くないと考えられそうです。

費用の形態は依頼する事業承継士によって異なりますが、月額で15万~30万円といったパターンが多いようです。

複数の事業承継士に見積もりを依頼して、実績を提示してもらいましょう。自社の状況に近い企業の事業承継をサポートしたことがある事業承継士を選ぶとよいかもしれません。

事業承継士の依頼方法

まずは、事業承継士を探す必要があります。事業承継士を探す方法には、「税理士へ相談する」、「自分で調べて事業承継士を探す」という2つのパターンがあります。それぞれ詳しくみていきましょう。

税理士に相談する

普段から業務を委託している税理士に相談することで、事業承継士を紹介してもらえる可能性があります。また、その税理士が事業承継士であったり、事業承継の知識や能力に長けている場合もあるでしょう。

税理士は様々なコネクションを持っているため、自分で探すよりも効率よく事業承継士を見つけられます。

自分で調べて事業承継士を探す

インターネットで、「事業承継士」などのキーワードで検索すると、事業承継士や事業承継の実績が豊富な専門家のホームページが表示されます。ホームページ上に記載された電話番号にかけるか、メールフォームから連絡をとりましょう。

また、ホームページ上には、事業承継に関する実績が記載されている場合があります。実績を比べて候補を絞りましょう。そして、見積もりを依頼して、費用のことも踏まえて依頼する事業承継士を選ぶことが大切です。

おわりに

事業承継をスムーズに進めて成功させたい場合には、事業承継士に依頼することをおすすめします。

まずは、身近な税理士に相談するか、インターネットで検索して事業承継士を探し、見積もりを依頼しましょう。

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

安田あかね:M&A BANK編集部 ライター

大阪大学人間科学部を卒業後、教育系企業に就職。新規事業部にて新サービスの運営基盤づくり、スタッフの管理育成やイベント企画に携わる。
IdeaLink社ではウェブマーケティング領域の業務を経て、M&A BANKの立ち上げ・運営に関わる。サイト管理の他、経営者インタビューや記事の編集を担当。

M&Aアドバイザーの無料相談はコチラ

新着M&Aニュース

もっと読む

アクセスランキング

案件情報をお探しの方 担当からすぐに連絡いたします。



連絡手段の希望:
電話メール

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.