M&A BANK Copyright©idealink Inc., All rights reserved.

上場企業にアプローチするときは・・・|Vol.004 | M&A BANK

M&Aインタビュー

M&A BANK > インタビュー > 上場企業にアプローチするときは・・・|Vol.004

2018.03.20

上場企業にアプローチするときは・・・|Vol.004

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

買い手企業へのアプローチ

島袋
今回は、実際買い手さん側にアプローチをいただいた方を特別ゲストとしてお招きしています。とうがらしの金(キム)社長です。金さんにぜひお聞きしたかったんですが、どういう風にアプローチされたんですか?


まず、島袋さんからフランチャイズの窓口の概要を細かいところまで聞いて、それをざっくりとまとめた資料を作りました。僕はFacebookで上場企業の経営者とつながっているので、そこで「こういう会社ありますけど、どうですか?」とご連絡して、経営者ご本人の興味のあるなしをまず確認するようにしています。最初は社名は出しません。

島袋
そういった資料を送るのにいいタイミングってあるんですか?


ありますね……ノウハウなんですけど、今日は特別に公開します。上場企業の経営者に提案するときは、土日と、僕は基本決めてます。

上場企業の経営者はまあ日々忙しいわけですね。いろんなアポイントがあったり、スタッフのことがあったり、新しい事業があったり。もう連日、オンタイムはメールや電話、さらに今はラインでもメッセージが来る状況です。

でも土日は、コミュニケーション量がその3分の1以下まで、面白いくらい減ります。そのタイミングで送るんです。日常の忙しい時間よりも土日の方がゆっくり見ていただけるので、僕は基本的には土日に送っています。

島袋
さすがですね~!キャバクラのお姉ちゃんが土日は連絡してこないっていうのと一緒ですよね。


そうですね…?その逆…(笑)

島袋
ですね。すいませんでした(笑)もっとたくさん金さんの話を聞きたいので、また次の回も登場していただきたいと思います!

【出演者情報】
■島袋直樹:Idealink株式会社-代表取締役
2017年12月、自社メディア5媒体を上場企業に事業譲渡。尊敬するじげん社に倣い、「事業化集団Idealink」を目指す。
■金成柱:株式会社とうがらし-代表取締役
これまでに面談してきた経営者の数は5,000名を超え、多くのビジネスモデルを知る。上場企業・上場準備中の企業・成長ベンチャー企業等の複数社の経営アドバイザーに就任し、企業成長支援・IPOのアドバイス・M&Aのアドバイス等を行う。

【Idealink社のM&A実施背景】
資本力と競合優位性を俯瞰して自社サービスを見直した際に、現状の経営資源では更なる成長は困難と判断。2017年12月25日、シェアリングテクノロジー株式会社(東証マザーズ3989)に新設分割により「フランチャイズの窓口」、クレジットカード比較4サイトを売却。その後は売却した資金をもとに、「事業家集団」として新たなビジネスの種まきに奮闘中。

【YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCbxAeKe2f9WZGbKy1jHV0Dw

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

M&Aアドバイザーの無料相談はコチラ

新着M&Aニュース

もっと読む

アクセスランキング

案件情報をお探しの方 担当からすぐに連絡いたします。



連絡手段の希望:
電話メール

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.