M&A BANK Copyright©idealink Inc., All rights reserved.

事業提携や出資も検討してます!|Vol.072 | M&A BANK

M&Aインタビュー

M&A BANK > インタビュー > 事業提携や出資も検討してます!|Vol.072

2018.09.04

事業提携や出資も検討してます!|Vol.072

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

播田社長の意外なキャリア

島袋
今回も、M&A BANK初のスポンサーについてくださいました、テクノモバイルの播田社長に来ていただきました。
改めまして、ありがとうございます!

播田
こちらこそ、効果を期待しています。

島袋
そういえば、播田さんは昔ケーキ職人だったという噂を聞いたんですけど。

播田
はい、よくこれは社内でもイジられるネタで、毎回説明しなきゃいけなくて辛い思いがあるんですけど。(笑)
実家がケーキ屋さんで、実際にコック服を着てケーキ作ってました。

島袋
パティシエさん。スイーツ男子ですね。

播田
スイーツおじさんですね。(笑)
社員によく過去の映像を流されるんですよ。とても恥ずかしい思いをしております。

島袋
そうなんですね。僕から聞いといてすみませんが、いったんその話は置いといて(笑)
 

テクノモバイルさんとの提携が気になった方へ

島袋
御社としては、M&Aで4つの領域の事業を買いたいということですよね。
1つがライフスタイル系メディアの領域。
もう1つが新規事業とかモノを紹介するようなキュレーションメディア
あとは、マーケティングツール系と、バックオフィスのシステム系

視聴されている方で、その領域をやっていて、「売りたいってわけじゃないけど資本をちょっと入れてほしい」という会社さんもけっこういるんじゃないかなと思うんですが、そういうのもアリですか?

播田
はい、ぜひぜひ。
我々はエンジニアだとか、いわゆるUXのところのクリエイターも提供できるので、一緒に作って、例えばレベニューシェア型でも、出資させていただくのも(提携の方法の)選択肢だと思っています。

島袋
はいはいはい…結構そういうケースありますよね。
最初は資金調達でお話をして一緒に座組をしたけれども、気付いたらグループの中で一緒にやったほうが両者得だなということがわかって、一緒にやることも最近増えてますよね。

播田
そうですね。

島袋
サービスを立ち上げて、まだユーザー・売り上げがついていないけど(テクノモバイルさんとの提携の可能性は)どうなのかな?って思っているような場合は、いかがでしょうか?

播田
まずはお声がけいただきたいですね!
その事業にはアイディアが入っていると思いますし、マネタイズを見直せばなにか上がるものもあるかもしれないので、そこは一緒に考えさせていただいて。
協業なのか売却してしまうのか、そこは話し合いでいいかなと思ってるので。

島袋
わかりました。
問い合わせは、Facebookで播田さんにメッセージだったり、(テクノモバイル社さんの)コーポレートサイトからでもオッケーですか?

播田
はい、大丈夫です。お待ちしております!

島袋
もちろんM&A BANK経由でもオッケーですよ!

 

実は過去にM&A経験あり?

島袋
そういえば、実は過去にもM&Aされたと言ってましたよね。

播田
売却したこともあるし、買い取ったこともあります。
買い取ったのは、学生さんが作られたテスト管理ツールだったんですけど、我々がエンジニア集団ということもあって、ちょうどシナジーもあるので、買い取らせていただきました。
そこで我々がUI・UXを手直ししていろいろな機能を追加して、今も提供しています。

そういえば、私もサービスを売却する時は、すごいドキドキしましたね。

島袋
ありますね。「本当に成立するのかな?」って思いますよね。
ケーキを作るのとどっちがドキドキしますか?

播田
(笑)……ケーキですね!!

島袋
(笑)ですよね!
…っていやいや(笑)ちょっと話がそれそうなので、続きは次回にしま しょう!

【出演者情報】
■播田 誠:株式会社テクノモバイル-代表取締役
1974年、徳島県生まれ。エンジニアとして東京を拠点にモバイル開発を手掛け、2006年に地元徳島のエンジニアを集めて起業、株式会社テクノ モバイルを設立。以来、コンシューマ向けWeb/アプリサービスに特化し、色々なサービスを手掛けるエンジニア・クリエイター集団として事業拡大中。
■島袋直樹:IdeaLink株式会社-代表取締役
2017年12月、自社メディア5媒体を上場企業に事業譲渡。尊敬するじげん社に倣い、「事業家集団IdeaLink」を目指す。

【株式会社テクノモバイルのM&A概要】
過去にも買収・売却経験があるが、2020年に向けて自社でもサービスプロダクトの提供を始めるにあたり、一から作るのではなく、アイデアを買い取って自社の技術力で広く普及させていくことを検討している。

【M&A BANK YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCbxAeKe2f9WZGbKy1jHV0Dw

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

新着M&Aインタビュー

もっと読む

新着M&Aニュース

もっと読む

アクセスランキング

案件情報をお探しの方 担当からすぐに連絡いたします。



連絡手段の希望:
電話メール