M&A BANK Copyright©idealink Inc., All rights reserved.

投資家に期待感を抱かせるために|Vol.085 | M&A BANK

M&Aインタビュー

M&A BANK > インタビュー > 投資家に期待感を抱かせるために|Vol.085

2018.10.04

投資家に期待感を抱かせるために|Vol.085

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

ベクトルのうまいコミュニケーションとは?

島袋
今回は、前回もお話のあった、ベクトルさんのIRコミュニケーションのすごいところについて、詳しく教えてください。


ベクトルのすごいところですね。
僕は(ベクトルの子会社である)IRTVの社長を去年(2017年6月)からやり始めて、ベクトル本体のIRのコミュニケーションについて、対機関投資家とか個人投資家の決算発表の場に居合わせる機会や、代表の西江社長のプレゼンを聞くことが多いんですが、
IRの資料やプレゼンを見ている中で最近秀逸だと思ったのは、前回で言う「山の何合目か理論」では、「ベクトルはもう富士山を登り切りました」と言い切っていることですね。

「ベクトルはまだ伸びる」というメッセージ


富士山というのは、自分達がプレーしているPRというマーケットを指しているんですが、そのPR業界の市場規模は大体1000億で、スモールだし斜陽産業と言われている。
PRと言えば、昔は雑誌を買う人が多かったので雑誌に出ればよかったんですが、雑誌を買う人も本屋も減っていて、本屋は10年連続(市場規模が)下がり続けているというデータも出ている状況です。

そんな斜陽産業ではありますが、PRではNo.1だと、つまり富士山のてっぺんにNo.1のフラッグを立てたと言ってるんですね。実際にPR利益が(他社の)2倍以上あるんですよ。

島袋
ベクトルさんが?すごっ!


次に、ベクトルがどういうコミュニケーションとっているかというと、「6兆円の広告業界というエベレストをこれから登り始めます。まだエベレストの1合目に来たばかりです。我々独自の強みを持ってエベレストも駆け抜けれます。」ということを発信しているわけですよ。

島袋
なるほど!


そこでさっき言った「ファストカンパニー」という言い方をしているんです。
まず、PR TIMES というウェブでリリースを出せるサービスがあり、TV等のコミュニケーションチャネルも持っていて、さらに雑誌など従来型のメディアからウェブメディアに移行していると。
しかも、ウェブメディアをこんなに買っています、全部合わせたらカテゴリ別に、富裕層向けのメディア、女性向けのメディア、暮らしのメディアと他にもまだあって、総計合わせたら何十億PVのものを持っていますと。
さらに、インフルエンサーネットワークサービスをやっているStarbankも既に持っているので、キャスティングしてInstagramに広告を出すこともできますよ、と言うわけです。

島袋
電○超えちゃいますね。


まずは電○の前のH社を目標にという話はありますけどね。(笑)
タレントキャスティングもできちゃうし、広告など各種のバイイングもできる。

このバリューチェーンを全部作ってデジタルPRという独自の武器を持って、次は6兆円のエベレストを登り始めます。今はまだ山の1合目、2合目です、というような印象を与えるコミュニケーションなわけです。
なので株を売る人が少なくなって、株価はキープされる

「IPOご祝儀」みたいな感じで、IPO当初は多少気になるところがあっても200億円くらいの値がつくこともありますが、それだとその後何も起こらないで下がっていくんですよね。
なので、そういうコミュニケーションをしてイメージをすり込ませ続けることが重要で。

島袋
勉強になるな。


そういうコミュニケーションが投資家の心理を捉えるんです。
機関投資家も1人の個人としての感情がありますから、業績はもちろん見ますが、残りの何割かは感情とか、「伸びそうだな」という期待感で経営者を見たり、会社にヒアリングをしたりする部分は絶対にあります。

島袋
……こういった内容のお問い合わせは、ぜひIRTVまでお願いします。(笑)
もしくは金さんのFacebookですね。だいたい繋がっていますもんね。


そうですね、多くの方とは。

島袋
では、今回はここまでとさせていただきます。またM&A BANKでお会いしましょう!

【出演者情報】
■金成柱:株式会社IRTV-代表取締役
これまでに面談してきた経営者の数は5,000名を超え、多くのビジネスモデルを知る。上場企業・上場準備中の企業・成長ベンチャー企業等の複数社の経営アドバイザーに就任し、企業成長支援・IPOのアドバイス・M&Aのアドバイス等を行う。
■島袋直樹:IdeaLink株式会社-代表取締役
2017年12月、自社メディア5媒体を上場企業に事業譲渡。尊敬するじげん社に倣い、「事業家集団IdeaLink」を目指す。

【M&A BANK YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCbxAeKe2f9WZGbKy1jHV0Dw

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

新着M&Aインタビュー

もっと読む

新着M&Aニュース

もっと読む

アクセスランキング

案件情報をお探しの方 担当からすぐに連絡いたします。



連絡手段の希望:
電話メール