M&A BANK Copyright©idealink Inc., All rights reserved.

「お金持ち御用達」株本氏、遂に登場!|Vol.115 | M&A BANK

M&Aインタビュー

M&A BANK > インタビュー > 「お金持ち御用達」株本氏、遂に登場!|Vol.115

2018.12.20

「お金持ち御用達」株本氏、遂に登場!|Vol.115

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

なんと!新しいスポンサーになっていただきました

島袋
今回のゲストは、M&A BANKに新たにスポンサーになっていただきました、StockSun株式会社の株本社長でございます!よろしくお願いいたします。

株本
よろしくお願いいたします。

島袋
株本さんと言ったら、フランチャイズの窓口(※2017年末に島袋が初めて売却したメディア)ですよ。
10年くらい前、前職の時に、早稲田の学生だった二十歳のころにインターンという形で来ていて、一緒にその事業を立ち上げたのが、実は彼なんです。

株本
もうそのくらい前になりますね。

改めて、どういう会社なんでしょうか?

島袋
株本さんは今はもういろいろなところでご活躍されていますが、改めてStockSun株式会社の説明をお願いします。

株本
簡単に言ってしまうと、フリーランスを集めて、ウェブの受託をゴリゴリやっている会社、ですね。
大手のWeb会社で活躍していた人とか、いわゆる高学歴の意識高い系の優秀なフリーランスが集まっています。

島袋
フリーランスの人たちを束ねてプロジェクト単位で仕事を受注して、納品していく形ですよね。
彼らは株本さんの(会社の)社員なんですか?

株本
いえ、全員フリーランスなので、業務委託ですね。
1回StockSunでプロジェクトとして受注して、それに最適なフリーランスの人材をプロジェクト単位でアサインして、パーティを作って稼働させています。

島袋
そうなんですね。
フリーランスと言うとバラバラに動きそうに思えますが、実際はどうなんですか?

株本
全員固定給じゃないので、プロジェクト(契約)が切れたら自分たちの給料も下がるんです。
粗利のうち、私が営業フィー2割をもらって、8割ぐらいを実行費としてフリーランス全員に還元するような配分なんですが、みんな生活がかかっているので、かなり全力でやってますよ。

島袋
生活がかかってるのか!
いや~新しいよなあ、そういう時代になってきましたよね。

株本
取材なんかもいっぱいいただきました。

なんか、めちゃめちゃ儲かってるんですよね…?

島袋
今は創業何年目ですか?月の売上とか粗利とかも、前に公表されていたかと思いますが…。

株本
創業からは1年4ヶ月ぐらいですかね。
売上は約4000万円/月くらいです。もちろん上下はあるんですが。
あと、僕からすると全部外注するので粗利=営業利益になるんですが、粗利が1200万円/月

島袋
1200万円!!

株本
過去最高で、ですが。本当にお陰様で。

島袋
創業1年4ヶ月で1200万円/月も… 人生楽しいですよね?(笑)

株本
堅実に貯金、貯金、貯金ですよ。(笑)

島袋
そうですか。どうりでいい時計つけてると思ったんですよね。

株本
これは自分で買ったんじゃなくて、元上司から貰ったんですよ。
島袋さんと言う人なんですけど。

島袋
その人も島袋さんですか。相当いい上司ですね。

株本
「カッコいいですね!時計!」と言ったらくれました。

島袋
たぶんそれ、貸してるだけだと思いますよ。

株本
永久に貸してくれるはずですよ。酔った勢いだとは思うんですけど。(笑)

M&A BANKをご覧になっている、こんな方へオススメ

島袋
さて、また真面目に、今回M&A BANKにスポンサードいただいた理由についてお話ししていきたいと思います。

売却した人は売却金で新しい事業を作る人が大半なので、以前ご紹介したところ、すごくマッチしやすかったんですよね。
ご自分でも売却した人と相性がいいと思われますか?

株本
今お客さんが30~40社ぐらいいるんですが、その半分ぐらいが売却しているか、売却を目指している方ですね。
共通している点を一言でいうと、「面倒くさがりのお金持ち」です。
お金を持っているので、戦略設計やディレクションも含めてまるっとアウトソースしたくて、一言二言だけでその通り動いてくれて実行までやってくれる人を求めている方。

社員ではそういう人はなかなか採れないし、採ったら採ったで、万が一そのプロジェクトをクローズしたい時に切ることができません。
フリーランスという形なら、優秀な人をプロジェクト単位で雇うことができます。例えば試しに新規事業を1年間やってみて、駄目だったら撤退を決めて、プロジェクトごとクローズすることもできます。
そういうリスクヘッジをした状態で優秀な人をアサインできるという意味で、お金持ちの中でも面倒くさがりの人とかはすごく相性がいいです。

StockSunの中で新規事業はこれまでにいくつも立ち上げていて、特にWeb系に特化したものが多いです。
ノウハウを横で共有して連携をとったり、同時に動いているときはいい事例を横展開することもできるので、新規事業を立ち上げの成功確度も比較的上がるんじゃないかと思います。
今はそういうところがうまくマッチしながら、動いている状態ですね。

島袋
そうなんですね。
まだまだ伺いたいところですが、時間になってしまったので、続きはまた次回伺いたいと思います。

【出演者情報】
■株本祐己:StockSun株式会社-代表取締役
早稲田大学在学中に、島袋が代表を務めていたWEBベンチャー企業に入社し、「フランチャイズの窓口」を立ち上げる。その後、大手総合系コンサルティングファームにてIT系、会計系のプロジェクトを経て、2017年7月にStockSun株式会社を創業。
公式サイト:https://stock-sun.com/

■島袋直樹:IdeaLink株式会社-代表取締役
2017年12月、自社メディア5媒体を上場企業に事業譲渡。尊敬するじげん社に倣い、「事業家集団IdeaLink」を目指す。

【StockSun株式会社の会社概要】
高学歴、実績豊富なフリーランス集団を組織して行うウェブコンサルティング事業を主力とする。

【YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCbxAeKe2f9WZGbKy1jHV0Dw

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

新着M&Aインタビュー

もっと読む

新着M&Aニュース

もっと読む

アクセスランキング

案件情報をお探しの方 担当からすぐに連絡いたします。



連絡手段の希望:
電話メール