M&A BANK Copyright©idealink Inc., All rights reserved.

M&Aを即決させたできごと|Vol.167 | M&A BANK

M&Aインタビュー

M&A BANK > インタビュー > M&Aを即決させたできごと|Vol.167

2019.05.09

M&Aを即決させたできごと|Vol.167

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

 目次 

1.  攻めた場所で起きた変化
2.  そもそもの状況
3.  即座に売却を決断した理由

 

攻めた場所で起きた変化

島袋
引き続き、「凡人起業」の著者、小原さんにお越しいただいています。
前回は凡人起業のメソッドについてご説明いただきました。

今回は小原さんが経験されたM&Aについて、特に「なぜ売ることになったのか」というところから伺いたいと思います。
前回「うまくいかなくなったから」とおっしゃっていましたが、どうしてうまくいかなくなったんでしょう。

小原
実はですね、Appleからそのクーポンを配布してはいけないと言われたんです。


ゲーム会社さんからしてみると、iPhoneでダメだったらAndroidで出すのもやめたくなってくるじゃないですか。

島袋
そうですね。

小原
そうなると、僕の媒体はクーポンがないホットペッパーになるので、そんなのはもう誰もいらないわけです。

島袋
なるほど。

小原
なので僕が考えるべきことは、売上は5億ぐらい立っていましたから、この状況で自分たちが最もアピールできることを求めてくれる会社さんとM&Aの交渉をしていくことでした。

島袋
Appleが「もうだめです」と発表してからそのジャッジに至るまで、どのくらいでしたか?

小原
1日ですね。

島袋
1日!?やっぱりすごいな。

小原
いえいえ、やがてユーザーさんがサービスから離れていくことが明確に見えているわけですから。

 

そもそもの状況

小原
話は戻りますが、なぜ大企業がそこに参入していなかったかと言うと、2013年当時、Googleさんはクーポンを配布してOKでしたが、Appleさんはグレーだったんです。
大企業は、色々なメディアをやろうと思ってクーポンのメディアを検討しても、iPhoneでできなさそうならやりません。
ファミ通さんのような雑誌を売るためにゲームのクーポンをつけている媒体も、元々ネットでのビジネスに興味がない人たちですから、ネットでクーポンを配布することを忌み嫌っています。
だからクーポンの配布は、大企業もゲーム会社に影響力がある会社もやらない企画だったんです。

僕がやるべきなのは「競争者がいないこと」「大企業がやらないこと」ですから、クーポンをつけたアプリを作って、ゲーム会社さんに「一緒に組みましょう」と言いました。
これ(クーポンの配布)はゲーム会社からすればいいことなんです。
1回試してしまえばそのユーザーさんはやがて課金するので、クーポンを使ったユーザーさんは結果的に売上になるユーザーです。ゲーム会社からすれば、クーポンをバラまいてくれるところが増えれば増えるほど嬉しいんですよ。

でもやる人がいない。つまり競争者がいない。だからそこに入っていく、というのが業界の読み解きでやったことです。
これで、3年間で400万人に使ってもらったんですよ。

島袋
それすごくないですか!

小原
いえいえ、だってそれは使わない理由がないものですからね。

 

即座に売却を決断した理由

小原
少しウェットな話ですが、僕は社員と約束していたことがあったんですね。
僕は頭が悪いですから1つだけ、「あなたが入社してくれたら、入社前に比べて絶対バリューアップする」と約束していたんです。

僕が経営していた会社がうまくいかなくなれば、社員に対して給料も払えなくなってしまう。計算的には2年後にそうなる。
どうにかしてその約束を果たすためには、このタイミングで――まだ別で売り上げが立っていて売上は上がる一方、まだ2年間ぐらい価値が担保できる状態でした――最も評価してくれる会社に売却しようと。
そうすれば、社員はイグジットしたことがある会社にイグジット前からいたとなるので、バリューアップができる。
それで約束を果たそうということでM&Aをやったんです。

島袋
そういう考えもあって、M&Aを即決されたわけですね。

 

【出演者情報】
■小原 聖誉:株式会社StartPoint-創業者・代表取締役社長
2013年AppBroadCastを創業。創業3年でmediba(KDDIグループ)へバイアウト。medibaにて新規事業役員CBDOを務めたのち、退職。現在はエンジェル投資家として活動。21社に出資し、そのうちの1社アクリートはIPOを果たしている。
【株式会社AppBroadCastのM&A概要】
2016年4月、KDDI子会社で広告事業を中心に展開するmedibaへ株式を売却、連結子会社化。株式の取得数や割合については非公開。関係者によるとバリュエーション(評価額)は十数億円になると言われた。KDDIとは2014年の資金調達、業務提携などすでにかかわりを持っていた。

■島袋直樹:IdeaLink株式会社-代表取締役
シリアルアントレプレナー。26歳でインターネット広告代理店を創業、年商20億円規模に成長させる。2016年に同社を分社化し、インターネットメディア運営を主体とするIdeaLink株式会社を創業。2017年12月、自社メディア5媒体を上場企業に事業譲渡。「事業は創って売る」をモットーとする。「会社は伸びてるときに売りなさい。」の著者。

【YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCbxAeKe2f9WZGbKy1jHV0Dw

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

新着M&Aインタビュー

もっと読む

新着M&Aニュース

もっと読む

アクセスランキング

案件情報をお探しの方 担当からすぐに連絡いたします。



連絡手段の希望:
電話メール