M&A BANK Copyright©idealink Inc., All rights reserved.

売却益がみるみる減る恐怖、なくす方法があった|Vol.186 | M&A BANK

M&Aインタビュー

M&A BANK > インタビュー > 売却益がみるみる減る恐怖、なくす方法があった|Vol.186

2019.06.24

売却益がみるみる減る恐怖、なくす方法があった|Vol.186

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

 目次 

1.  売った人がみんな経験する恐怖
2.  これを売却する前に知りたかった!!
3.  こんなに役立つのに、なんで広がらない?
4.  きれいごと言ってると、めっちゃ後悔する。

 

売った人がみんな経験する恐怖

島袋
恵島さん、めちゃくちゃ勉強になります。

イグジットした経営者の人たちって、金額にもよりますが、だいたいがリタイアせずにまた事業をやって、事業を買ったりするんですよね。
僕自身そうなんですが、そのあと金銭的な問題があったんですよ。

売却益は入るけれども、結局僕はそれをつかって事業をやっていて、結果的に、なくなったわけです。
いや、まだちょっとあるけど。(笑)

恵島
(笑)

島袋
でもこの問題って、日本の金融機関や制度だとものすごく難しいなと思っています。
売却までは、3年くらい黒字を出していれば貸してくれる。要はデット(負債)で資金を調達するのは容易だったけど、売却後はそうはいかない。
代わりにエクイティ(株主資本)で入れることもできるけど、それだと株価、価値が希薄になるじゃないですか。
そういうとき、連続起業家はどういうファイナンス戦略でやっていけばいいんでしょう。

恵島
おっしゃる意味はよくわかっていて、僕も売却をして最初2年間くらい自分で事業を作っていたんですけど、目減りしていくんですよね、すごい勢いで。(笑)

島袋
そうそうそうそう!
ほら、やっぱりそうなんだ。よかった。(笑)

恵島
いろんな人から「すぐなくなるよ」って聞いてたんですけど、「そんな、みなさんと一緒にしないでください」「私は慎重派ですから」と思ってたら、本当に貯金通帳からウン億円消えるんですよ。
こんなになくなるんだ。ってことは、3年後に一文無しなの?と。それくらいの勢いでなくなっていくんですね。

 

これを売却する前に知りたかった!!

恵島
結論からすると、僕はスイスの銀行を使ったんです。
たとえば5億円入れる。そうすると、



全文はプレミアムコンテンツとして公開中
試し読み、ご購読はこちら

 

【出演者情報】
■恵島良太郎:個人投資家、スタートアップスクエア株式会社-代表取締役
2004年株式会社ROI設立、『ファンくる』をリリースし、主力事業へ。2017年に代表取締役を退任し、マレーシアを中心としたグローバル事業へ集中する。3年間で5社のイグジットを経験。現在代表取締役を務めるスタートアップスクエア株式会社では、エンジェル投資およびイグジットに向けた支援を行っている。

島袋直樹:IdeaLink株式会社-代表取締役
シリアルアントレプレナー。26歳でインターネット広告代理店を創業、年商20億円規模に成長させる。2016年に同社を分社化し、インターネットメディア運営を主体とするIdeaLink株式会社を創業。2017年12月、自社メディア5媒体を上場企業に事業譲渡。「事業は創って売る」をモットーとする。「会社は伸びてるときに売りなさい。」の著者。

恵島さん出演動画の一気見はこちらから
(M&A BANK YouTubeチャンネル)

<Sponsored by>
株式会社ESSPRIDE

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

新着M&Aインタビュー

もっと読む

新着M&Aニュース

もっと読む

アクセスランキング

案件情報をお探しの方 担当からすぐに連絡いたします。



連絡手段の希望:
電話メール