M&A BANK Copyright©idealink Inc., All rights reserved.

出資を受けずに上場、M&A積極検討中の代表現る【リビン・テクノロジーズ・川合社長】|Vol.294-295 | M&A BANK

M&Aインタビュー

M&A BANK > インタビュー > 出資を受けずに上場、M&A積極検討中の代表現る【リビン・テクノロジーズ・川合社長】|Vol.294-295

2020.05.21

出資を受けずに上場、M&A積極検討中の代表現る【リビン・テクノロジーズ・川合社長】|Vol.294-295

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

M&A推進のための特設コーナーを開設したというリビン・テクノロジーズ社。
2018年に上場する前には気になる社名変更をしています。
レッドオーシャンともいえる不動産業界で上場に至った経緯、
これからM&Aしたい企業の条件について、代表の川合社長に伺いました。

▶川合社長の出演動画 一気見はこちらから◀

■川合 大無氏 リビン・テクノロジーズ株式会社 代表取締役社長
東京農業大学卒業。ニチモウ株式会社、バリューコマース株式会社、株式会社サイバーエージェントを経て、2004年1月、株式会社シースタイルを設立し、代表取締役に就任。インターネット広告ビジネスを始め、半年で単月黒字化。2006年よりバーティカルメディア事業をスタート、不動産一括査定サイト「リビンマッチ」が日本最大級に成長。2018年6月、リビン・テクノロジーズに社名変更、東証マザーズ上場。
 目次 

#294 【まさかの出資0】巨人だらけの不動産業界で成長・上場まで行き着いた理由
#295 【高額売却事例から伝授!】売却するタイミングの決めかた

#295 【まさかの出資0】巨人だらけの不動産業界で成長・上場まで行き着いた理由

不動産領域で成果を上げ、上場したリビン・テクノロジーズ社

  • 過去に“買い手候補”としてもご縁があった
    不動産メディアの売却先として、過去に提案に行ったことも
    現在は島袋とは経営者の会合でお会いする仲
  • 大学生の頃に社長になると決めていた
    「3社経験して社長になろう」と決意
    商社、バリューコマース、サイバーエージェントで働き、28歳で起業
  • 不動産関連事業を始めたのは途中から
    ネット広告代理店から不動産メディアに事業転換
    不動産会社に関する問合せを複数社に一気に問合せできるサービス
    中でも売却査定サービス「リビン・マッチ」がメインとなっている
  • 不動産領域全体がレッドオーシャンなわけではない
    “不動産テック”で先行している巨人がいる領域は“買う”“借りる”
    それ以外のカテゴリーには巨人はまだいない

上場で得たのはXX億円…?

  • なんと上場まで出資は0
    川合社長と川合社長の資産会社の資金のみで上場を果たす
    上場時の売り出しで、XX億円入ったとか入ってないとか…
  • 社名変更の目的は‟ビジネスをイメージしやすくするため”
    当初の社名‟シースタイル”は、業種を決める前につけた商号
    どんなビジネスでも影響のなさそうな名前にしていた
    上場にあたり、ビジネスをイメージしやすい商号に変えることに

▶動画はこちら

 

#295 【出資先積極募集中】M&Aしたいのはこんな会社

  • M&A推進特設コーナー”とは?
    「M&Aで事業の成長のスピードを上げる!」宣言
  • 欲しいのは、どんな会社?
    不動産会社が顧客に多いサービス・事業をやっている企業
    リビン・テクノロジーズ社で2500超の不動産会社顧客を抱えているため
    ポスティングや紙媒体を持っている企業もいいかも
  • 希望条件
    これから初めて取り組むので、規模は数千万~数億円
    どちらかというと事業譲渡よりは株式譲渡(100%)を想定している
    EBITDAの5倍が目安だが、赤字や債務超過でも内容によっては検討する
  • 広告塔は舞の海さん!
    メインサービスの利用者属性が55歳以上の男性
    ターゲットの認知度が高く、安心感がある存在としてまさに適任

▶動画はこちら

 

M&A BANK YouTubeチャンネル
定額でM&Aの相談ができる、セカンドオピニオンサービス
※アドバイザーのご紹介も可能
その他ご相談、お問合せ

 

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

新着M&Aインタビュー

もっと読む

新着M&Aニュース

もっと読む

アクセスランキング

案件情報をお探しの方 担当からすぐに連絡いたします。



連絡手段の希望:
電話メール

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.