M&A BANK Copyright©idealink Inc., All rights reserved.

東大卒・元モルスタのエリート会計士登場【ユナイテッド&コレクティブ社外取締役・加藤氏】|Vol.304-306 | M&A BANK

M&Aインタビュー

M&A BANK > インタビュー > 東大卒・元モルスタのエリート会計士登場【ユナイテッド&コレクティブ社外取締役・加藤氏】|Vol.304-306

2020.06.23

東大卒・元モルスタのエリート会計士登場【ユナイテッド&コレクティブ社外取締役・加藤氏】|Vol.304-306

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

今回のゲストは、上場企業はじめ多数の企業に対してCFO支援・M&A・資金調達アドバイザリーサービスを提供する、公認会計士の加藤さんです。

▶加藤さんの出演動画 一気見はこちらから◀

■加藤 涼 氏 ユナイテッド&コレクティブ株式会社 社外取締役 
中央青山監査法人、モルガン・スタンレー証券、フォートラベル、バークレイズ証券、コーチ・ジャパン、クオンタムリープを経て独立。会計、金融、マーケティングに至るまで幅広い経験を有し、特に金融分野においては、ベンチャー企業投資、M&A、IPO、ストラクチャード・ファイナンス全ての実務に携わる。複数のベンチャー企業の役員を務めるなど、企業内部からの経営支援実績も多数。2018年JAPAN FAS株式会社を設立。複数の上場企業・大企業のクライアントに対してCFO支援およびM&A・資金調達アドバイザリーサービス等を提供。
 目次 

#304 【東大卒・元モルスタ】エリート会計士登場!
#305 【資本政策】失敗あるあるとエリート会計士からのアドバイス
#306 【提案!】CFOはフルタイムじゃないほうがお互い幸せ説

 

#304 【東大卒・元モルスタ】エリート会計士登場!

エリート会計士、これまでのキャリア

  • 絵にかいたようなエリート街道まっしぐら
    東大在学中に会計士試験に合格、中央青山監査法人へ
    その後は金融系キャリアが続く(モルガン・スタンレー、バークレーズ)
    時はリーマンショック前、20代でも年収数千万だった…?
  • 外銀からベンチャーCFO、また外銀へ
    モルスタから珍しくベンチャー社長になった先輩についていった
    フォートラベル(価格com.子会社、旅行口コミサイト先駆け)のCFOに
    IPOを目指すも、リーマンショックで取りやめに。バークレイズへ
  • 鞄ブランドのコーチで事業会社サイドも経験
    予実・経営管理以外に、マーケティング・CRMも
  • ソニー出井元社長のコンサル系企業でファンドレイズ・投資責任者を経て独立
    セルサイド(投資銀行)、バイサイド(ファンド)の経験を活かして独立
    コンサル的に財務やM&Aアドバイスをする今のスタイルに

クロスボーダー案件の支援も

  • 海外の企業を買うときも、“手金”は強い
    銀行からのファイナンスありきだと厳しいところはある
    イン‐アウト(日本の企業が海外の企業を買う)方が多めな印象
    アジアの案件が多いが、大型案件は欧米系が多い

▶動画はこちら

 

#305 【資本政策】失敗あるあるとエリート会計士からのアドバイス

  • 関わっている会社は多数。
    多数の企業でCFOを務める加藤さん。仕事の濃淡は会社による
    居酒屋チェーンてけてけ等を展開する上場企業ユナイテッド&コレクティブの社外取締役も
    コロナの影響はそれなりに、かなり。

資本政策、スタートアップの注意点は

  • 一番大変なのは、平等に分けたパターンと、出資者に渡しすぎたパターン
    最初は社長が67%は持って、拒否権を与えない状態でスタートするべき
    外部からの調達でも、いきなり34%渡すのは避ける
  • 抜けていく創業メンバーから株を買い取る場合の額の決め方
    直近の調達時のバリュエーションをもとに算出することが多い
    売り手が額を提示し、第三機関にレポートを貰うのが現実的
  • 株主とは“最初に”株主間契約を結ぶこと
    売りたいときに売りやすいようにしておく
    大型契約主が許可したM&Aについては同額でイグジットできるようにする」等の契約を
    スクイーズアウトで強制的に排除することもできるが、裁判になりかねない
  • 加藤さん自身も自身で事業をやった際に苦労している
    日頃アドバイスしている人でも、いざ自分がやるときは「大丈夫だろう」と思ってしまう
    過信は本当に禁物

▶動画はこちら

 

#306 【提案!】CFOはフルタイムじゃないほうがお互い幸せ説

  • CFOはフルタイムより、スポットの方が現実的?
    特にベンチャーでは、CFOにも顧客をとってくるくらいの気概が求められる
    守りに強いタイプのCFOだと物足りなく感じられることも
    いっそCFOに期待する役割を割り切るスポット契約にしては?
  • 効果的なCFOの使い方とは
    必要な時にスポットでアドバイスを貰い、フィーを抑える方がよいのでは
    創業初期の資本政策や投資契約の相談、攻めのファイナンスをしたいときなどが効果的

CFOニーズが特に強そうなIPO準備期でも、結局一番大事なのは内部統制を整えること。
それを実現できるのも、審査側とのやり取りで大事なのも、引っ張っていく社長の熱意だったりする。最終的にCFOは守りの役割をきちんと果たすことが重要になる。
フルタイムの‟CFO”となるとどうしてもあらゆることを期待してしまうなら、スポットでCFO契約をしてみては?とのこと。

▶動画はこちら

 

M&A BANK YouTubeチャンネル
定額でM&Aの相談ができる、セカンドオピニオンサービス
※アドバイザーのご紹介も可能
その他ご相談、お問合せ

 

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

新着M&Aインタビュー

もっと読む

新着M&Aニュース

もっと読む

アクセスランキング

案件情報をお探しの方 担当からすぐに連絡いたします。



連絡手段の希望:
電話メール

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.