M&A BANK Copyright©idealink Inc., All rights reserved.

IT業界に広がる人脈でGMOグループへ売却【カルビン・東代表】|Vol.306-309 | M&A BANK

M&Aインタビュー

M&A BANK > インタビュー > IT業界に広がる人脈でGMOグループへ売却【カルビン・東代表】|Vol.306-309

2020.06.30

IT業界に広がる人脈でGMOグループへ売却【カルビン・東代表】|Vol.306-309

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

今回のゲストは、名だたるネット系大企業を経て創業、GMOグループ入りし、グループ会社社長としても3年経営された東社長です。

▶東さんの出演動画 一気見はこちらから◀

■東 慶親 氏 株式会社カルビン 代表取締役
リクルートに約10年勤め、ライブドア、楽天グループを経て、2007年、34歳で自己資本にて株式会社イノベーターズ(インターネット広告会社)を立ち上げ。創業以来10期すべて黒字決算、無借金で経営。2013年7月GMOインターネットグループへ株式売却(M&A)にてグループ入り、GMOイノベーターズに。2016年12月イグジット。現在は株式会社カルビンにて投資業務、新規事業開発を行う。
 目次 

#307 【GMOグループ入り】リクルート・ライブドア・楽天グループを経て起業
#308 【大企業】GMOグループへの売却後の変化
#309 【EXIT後】エンジェル投資、事業家としてのキャリア

 

#307 【GMOグループ入り】リクルート・ライブドア・楽天グループを経て起業

ゲスト略歴

  • ネット系大手企業で研鑽を積む
    リクルートに10年、リクナビで人材ビジネスに関わる
    ライブドアに事件の半年前に加わる
    騒動後は楽天グループのトラフィックゲート社(当時)へ
    2年間アフィリエイトビジネス・検索周りのビジネスに従事
  • 2007年10月イノベーターズ社創業、2013年7月GMOグループ入り
    人材周りのSEMとアフィリエイト
    金融(クレカ、ネット証券の口座開設)に特化したリスティングアフィリエイトも
    グループイン後は3年半グループ会社の社長を務め、2016年末に円満退任

“買う”側になるつもりが、“売る”側に

  • “不夜城”状態を打破するため、当初は買う気だった
    M&Aそもそものきっかけは、業績好調で会社が不夜城だったこと
    ネット業界自体も伸びていて、採用育成をしても追いつかない状態
    同業他社や制作・開発会社を買おうとした
  • 「売り抜けたい」腹が見えて、成立に至らず
    中小の広告代理店社長と面談して話を持ち掛けた
    買収後にきちんと顧客対応ができるのか不安が残り、話は進めず
  • “大手に買われる”ことでも目的が達成できる⁈
    逆に、リソースがある大手グループとの提携を考え始める
    それまでに培われていた人脈を生かしてアプローチ開始

▶動画はこちら

 

#308 【大企業】GMOグループへの売却後の変化

買い手開拓は自分の人脈で

  • 経営ポリシーが合いそうな候補5社に絞る
    経営者同志のポリシーが合いそうな買い手を探す
    時はネット広告全盛期、大手広告代理店が「○○デジタル」といった会社を作り始めた
    それらグループ会社のネット広告部隊にもアプローチ
  • 「子会社の意思を一番尊重してくれそうな会社」がGMOだった
    GMO「スピリットベンチャー宣言」の中に、東さんの経営エッセンスも含まれていた
    グループ会社社長にも権限を渡していて、子会社の意思を尊重してくれそう
    他の企業とは話を進めるうちに「大きな組織の一部門」になるイメージがつくように

M&Aした結果:嬉しい変化と想定外

  • バリュエーションは4億。3回に分けて売却
    当時の業績から事業計画5年分を考慮して算出
    51%→90%→100%と、3回に分けて株を売却
  • 退任時には、売上が売却前の3倍に
    当時は「身売り・救済」以外のM&Aは珍しく、経営者仲間からたくさんの連絡が来た
    年間10億に届かなかった売上が、退任時には30億円近くに
  • 想定外だったのは、従業員の報酬制度の変更
    従業員の報酬制度は、当初の予定から変わってGMOに合わせる形に
    もとは基本給の割合が低く、ハイリスクハイリターンな設計
    中位安定な報酬制度に変更になったことで離れていった従業員も

▶動画はこちら

 

#309 【EXIT後】エンジェル投資、事業家としてのキャリア

DDで「気になる事実」が出てこないことが大事

  • 数字という“事実”に、疑わしいものがないように
    帳簿も細かく見られたが、「何も出てこない」と言われた
    飲食代や家賃で気になるものが一つでもあると注視される
    上場企業にも安心してもらえたから検討してもらえた

事業家として、売却を振り返ると

  • 売却して本当によかった
    勤続している従業員、取引が続いている顧客が多い
    「GMOへの売却」は経営者のキャリアとしてもいい
    リクルート・ライブドア・楽天とも合わせて、会いたい人には誰か一人介せば繋がれる状態に
  • 投資は難しい。やっぱり自分に投資するべき
    売却後、不動産含めいろんな投資話がやってきた
    周りの後輩や同僚が起業することも多く、エンジェル的に支援も
    騙すつもりはなくても結果が出ないことはあり、それで悶々とするのが嫌だった
    今は自分の事業だけに投資するように
  • 次なる挑戦は、まずフィリピンで
    今新しく取り組んでいるのは、給料前払いビジネス
    自転車操業で生活を回す一定の貧困層がいる地域で展開
    フィリピンで始め、ASEANエリアに広げていきたい

▶動画はこちら

 

M&A BANK YouTubeチャンネル
定額でM&Aの相談ができる、セカンドオピニオンサービス
※アドバイザーのご紹介も可能
その他ご相談、お問合せ

 

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

M&Aアドバイザーの無料相談はコチラ

新着M&Aニュース

もっと読む

アクセスランキング

案件情報をお探しの方 担当からすぐに連絡いたします。



連絡手段の希望:
電話メール

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.