M&A BANK Copyright©idealink Inc., All rights reserved.

SaaS事業をエアトリに5日で譲渡【クロスオペレーショングループ・田中亮大代表】|Vol.742-743M&A BANK

M&Aインタビュー

M&A BANK > インタビュー > SaaS事業をエアトリに5日で譲渡【クロスオペレーショングループ・田中亮大代表】|Vol.742-743

2022.11.25

SaaS事業をエアトリに5日で譲渡【クロスオペレーショングループ・田中亮大代表】|Vol.742-743

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

以前も出演いただいた田中社長がまさかの「5日ディール」を経験!?その裏側を教えていただきました。

▶動画の一気見はこちらから◀

 

ゲスト■田中亮大氏 株式会社クロスオペレーショングループ 代表取締役
1985年山口県萩市出身。2008年大学卒業後、外資系製薬会社に入社。翌年独立。以降、日本の社長.tvの取締役やベルフェイス(株)を設立し副社長、販売会社の社長を歴任し、2016年9月にタクセル(現クロス・オペレーショングループ)を設立。MA(マーケティングオートメーション)やインサイドセールスの専門家として確固たる実績を持つ。MA事業の売却を期にオペレーション領域への参入を行っている。

聞き手島袋 直樹 連続起業家・M&A BANK株式会社 取締役会長
全米600店舗展開中の世界最大ピラティスチェーン「Club pilates」の日本とシンガポール法人の代表。上場企業への2度のM&Aによる億単位の売却実績を持つ。M&Aに特化したyoutubeチャンネル「M&A BANK」のメインMCのほか、薬用育毛剤「REDEN 」を販売するD2Cメーカー株式会社美元の代表を務める。2019年からシンガポール在住。「会社は伸びてるときに売りなさい。」の著者。 Twitter

 

 目次 

【規格外の速さ】上場企業エアトリへのSaaSツール売却が5日で決まった話
【SaaSの売却】売りにくくなってきたビジネスでも高く評価されたわけ

 

 

【規格外の速さ】上場企業エアトリへのSaaSツール売却が5日で決まった話

MA業界の革命児!SaaS×コンサルBPO!

今回のエアトリへの譲渡の詳細
SaaS×コンサルBPOのビジネスモデルのうち、SaaSの部分をエアトリに事業譲渡した

 

株主の反対なし!

株主から反対がなかった理由
株主がほとんど上場している会社の社長や柔軟に方針を理解してくれるVCだったから

 

不安になるほど早かったディール

途中で株主のエアトリも立候補!?
すでに譲渡先の会社の立候補が複数あった中、既存株主のエアトリも途中で立候補した


なぜ5日でディールを行えたのか
エアトリは既存株主として予め事業状況を把握していたり、お互いに関係性ができていた

 

そこには熱いドラマがあった…!

決め手は社長の熱意とビジョン
エアトリに譲渡を決めた決め手は金額も大事だが社長のビジョンや熱意、行動の早さなどに感銘を受けたから

 

▶動画はこちら

 

 

【SaaSの売却】売りにくくなってきたビジネスでも高く評価されたわけ

「5日間デューデリ」の裏話

DDもスピーディーに終わった理由
他の起業とも話が進んでいたため、DD資料もまとまっておりすぐに見せることができた

 

オペレーションで企業優位性を保つ!

これからはオペレーションの強化が肝心
プロダクトの機能の充実よりもオペレーションの強化をすることで企業の差別化になる

 

オペレーションスコアで成果がUP!

組織のオペレーション診断を導入して業務改善
現場のオペレーションをスコアで可視化し、コンサルしながら売上UP・利益UPに繋げる

 

オペレーションクラウドの内容

自社のオペレーションを可視化し他社と比較できる
30人以上の規模の会社向けのサービス

 

社名を変えた理由は商標権

サービス名を社名にするのは利点もあるけど要注意!!
社名をそのまま使ったサービスを譲渡したため、新しく社名を変える必要があった

 

SaaSだけど高評価を得た理由

SaaSの評価は黒字化していること
機能面だけに投資をしない経営方針だったのでSaaS×コンサルBPOで事業を黒字化していた

 

今後を見据えて変化も大事

会社を売る予定のSaaS企業に大事な事
会社の黒字化を目指してビジネスモデルを変化させていくことが大事

 

 

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

M&Aアドバイザーの無料相談はコチラ

新着M&Aニュース

もっと読む

アクセスランキング

案件情報をお探しの方 担当からすぐに連絡いたします。



    連絡手段の希望:
    電話メール

    This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.