M&A BANK Copyright©idealink Inc., All rights reserved.

売却を決意した理由|Vol.018 | M&A BANK

M&Aインタビュー

M&A BANK > インタビュー > 売却を決意した理由|Vol.018

2018.04.21

売却を決意した理由|Vol.018

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

「拡大させる」役割を、自分が担い続けるべきか?

島袋
今回も宮嵜さんにお越しいただいています。
前回は、24歳の頃に10万円で事業を始めたお話を伺いました。半分の5万円で軽トラを買い、半分の5万円で、豆腐など、商品を仕入れられた。
それで始めた事業が、13年で日本一の規模、販売台数が120台くらいまで拡大したということでしたね。

普通の経営者だったらもっと拡大させようと思いそうなところですが、なぜエグジット、M&Aという選択に至ったのかを今回はお聞きしたいと思います。

宮嵜
そうですね、一言で言ったら限界を感じたっていうところはありますね。
株式会社ではあったんですけど、「宮嵜太郎の個人商店の延長」みたいな気持ちでやっていたところがあったので、120台を200台300台と増やしていく組織作りですとか、資金とか、そういったことを考えると、たぶん間に合わないなと思ったんです。

例えば、今営業所は鹿児島から大阪まで西日本にあるんですけど、これを名古屋、東京、北海道まで広げようとしたときに、たぶんこのペースで進めると、組織作りが間に合わないなと思って、どうしようか悩んでたんですよ。

一方で、「事業をもっと大きくしたい」という気持ちも大前提としてあるんです。ただ、それを誰がするかを考えると、創業者の僕である必要もないな、と思ったんです。僕よりも大きくしてくれる可能性があるかたの方が、社員にとっても、お客様にとっても幸せかなと途中で感じました。創業者はあくまで私ですけど、拡大する役割は私にこだわる必要はないのかなと、私自身が感じたところがあります。

島袋
あ~、なるほど。
私もそういう思いがあるんですよね。事業はマラソンじゃなくて、駅伝だと思ってるんです。そうした方が、その期間を、1番早い速度で事業を加速させていけるなと。だから、ずっと創業者である必要はないんじゃないかという、似た思いが僕にもありました。

売却すると意思決定をされたあとは、きっといろんな会社さんを検討されて、やりとりがあった思います。次回はその辺を赤裸々に教えていただきたいと思います。

株式売却の後に何をするか?

Q.売却を検討している方に伝えたいことはありますか?

ある程度の年齢で跡継ぎがいるという方は株式売却してそのまま引退できるかもしれませんが、難しいのは若い人ですよね。
30代くらいの経営者が株式売却すると、意外と鬱っぽくなるケースも多いんですよ。昨日まで全身全霊でやってきた事業が突然なくなるわけですから。それに、ゼロイチという創業の大変さを身をもって知っているから、また最初からやる大変さを味わうのか?と考えるわけです。起業したとしても、日本で事業を3年継続できるのは約10%、10年継続できる可能性は5%程度と言われている、その現実を考えてしまいます。私も24歳の創業時から12年間で11の事業を失敗しましたし、移動販売の営業所・店舗も約50カ所出店して、26カ所も撤退しています。
この半年で300回以上「次は何の事業をするのか?』と聞かれました。(笑)再度起業をするのか、タイやバリで一生遊びほうけるか?考え抜いた結果、都内のベンチャーキャピタルに参画して、ベンチャーキャピタリストとして東京と九州で活動することになりました。

聞き手:Idealink(株)安田
撮影協力:ディー・カッツェ
https://goo.gl/uSkPbK

【出演者情報】
■宮嵜太郎:株式会社豆吉郎(とうきちろう)-取締役会長
24歳にて起業、軽ワゴン車による豆腐の移動販売を主力事業とする。販売エリアは福岡都心部から始まり、12年で鹿児島~大阪まで拡大。西日本新聞社に売却後、2018年7月からはベンチャーキャピタリストとして活動予定。
■島袋直樹:Idealink株式会社-代表取締役
2017年12月、自社メディア5媒体を上場企業に事業譲渡。尊敬するじげん社に倣い、「事業家集団Idealink」を目指す。

【株式会社豆吉郎のM&A実施背景】
移動販売のニーズの高まりで順調に業績が伸びる中、個人経営の延長での運営に限界を感じ、売却を決意。地場有力コンサルタント会社から株式会社西日本新聞社の紹介を受け、2017年7月、創業者の宮嵜氏が100%保有していた株式のうち90%を売却し、社長から会長へ退く形でM&Aを実施。

【YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCbxAeKe2f9WZGbKy1jHV0Dw

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

M&Aアドバイザーの無料相談はコチラ

新着M&Aニュース

もっと読む

アクセスランキング

案件情報をお探しの方 担当からすぐに連絡いたします。



連絡手段の希望:
電話メール

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.