M&A BANK Copyright©idealink Inc., All rights reserved.

M&Aを振り返って思うこと|Vol.028 | M&A BANK

M&Aインタビュー

M&A BANK > インタビュー > M&Aを振り返って思うこと|Vol.028

2018.05.15

M&Aを振り返って思うこと|Vol.028

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

IPOの練習にもなる?

島袋
最近IT界隈で独立する方が増えていて、中にはIPOを目指してスタートされる方もけっこういらっしゃいます。
そういったベンチャー経営者に対して、M&A経験者の観点から、何かメッセージをいただけますか?

福田
そうですね、IPOと比べた場合、M&Aは創業者の利益を最大化できると思っていますし、まず、ハードルが低いなと思いますね。ある程度の仕組み、ユーザー、商品があれば、割と簡単に誰でもできるのがM&Aなのかなと思います。
コストもIPOに比べてかからないですし、IPOの練習にもなるかもしれないです。全体的にM&Aはサクッとできるイメージですね。

それに、売ることを目的として会社経営を行っていると、おのずといいビジネスになっていきます。例えば、1社からの売上が多く占めているより、複数社から均等に売上が振り込まれている方が買い手からの評価も上がりますが、それは事業にとってもリスク分散になります。
特にWeb業界だと、買い手さんが買った後も10年20年と続くような仕組みやサイトにしていこうと思ったら、変なリンクをつけてペナルティーのリスクを上げるようなこともしないと思うんですよ。

島袋
面白いですね。僕もあるサイトを売却しようとしたとき、取引先のポートフォリオで1社が飛び抜けてたんですが、やっぱり上場企業の方はそれに対してネガティブな印象を持たれたようでした。

事業譲渡や売却を考えるまでは「売上と利益が上がっていればいいや」と思っていたんですが、福田さんがおっしゃったように、ポートフォリオや契約書まわりもをちゃんとバランスよくやっていくようになりますよね。そういう変化はサイトにとってもいいことです。

今後は投資する側として

島袋
これからは事業投資をどんどんやっていきたい、事業意欲が増しているとうかがいました。今後の方針について教えてください。

福田
僕はWebをメインにしたビジネスが得意なので、その分野で支援をしていきたいです。Web事業をやっていきたい起業家の方でも、既にやっている方でもいいです。そういう方々に投資をして、一緒にビジネスを育てて、一緒に成長していければいいなと考えています。

島袋
なるほど。投資家になって若手を育成していく感じですね。

福田
そうですね、投資家になるとも言えます。

スーパーアフィリエイター福田さん、コンタクト申請OKです

島袋
福田さんは弱冠30歳で上場企業に売却もされて、もともと「スーパーアフィリエイター」という、本当にすごい人なんですよね。

福田
自分で言うのもちょっとおこがましいんですが、22歳のときからアフィリエイト活動を始めて、ある程度アフィリエイターのトップ1%か、それ以上ぐらいの位置にいたという自覚はあります。

島袋
例えば、そのノウハウを教えて欲しい若手が福田さんのところに行って、「先生教えてください!」とお願いするのはアリなんですか?Facebookで申請してもブロックしたりしませんか?(笑)

福田
それはもちろんです!そんなことはしないです。(笑)
僕から「投資させてください」と言うかもしれませんし。Win-Winなので、ぜひ。

島袋
……だそうですよ、みなさん!

今回は無理を言って、資金調達の貴公子・福田社長に来ていただきました。またぜひ出演をお願いしたいと思います。どうもありがとうございました。

【出演者情報】
■福田拓哉:株式会社ユービジョン-代表取締役
22歳からサイトアフィリエイトビジネスを始める。2015年1月にリリースした業界特化型の中規模ポータルサイト「資金調達プロ」を、3年後の2018年1月、東証一部上場企業に6億2000万円で売却。
■島袋直樹:Idealink株式会社-代表取締役
2017年12月、自社メディア5媒体を上場企業に事業譲渡。尊敬するじげん社に倣い、「事業家集団Idealink」を目指す。

【「資金調達プロ」のM&A実施背景】
次に挑戦したい事業に取り組むため、運営を開始して約1年経過した頃から売却を検討し、買取オファーを受けるようになる。その後もさらなるサイト価値向上に努め、最終的に相場の3倍近い額での売却が決まる。

【YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCbxAeKe2f9WZGbKy1jHV0Dw

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

新着M&Aインタビュー

もっと読む

新着M&Aニュース

もっと読む

アクセスランキング

案件情報をお探しの方 担当からすぐに連絡いたします。



連絡手段の希望:
電話メール