M&A BANK Copyright©idealink Inc., All rights reserved.

クロスボーダーM&Aもやってます|Vol.054 | M&A BANK

M&Aインタビュー

M&A BANK > インタビュー > クロスボーダーM&Aもやってます|Vol.054

2018.07.14

クロスボーダーM&Aもやってます|Vol.054

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

50年100年先を考えて、海外にも進出


島袋
平川さん、今回はクロスボーダーM&Aについて教えていただけますか?
タイの病院(を買収されたん)でしたでしょうか。

平川
はい。タイで歯科クリニックを経営する会社をM&Aで(買いました)。

島袋
なるほど。そちらはなぜM&Aをすることになったんですか?

平川
日本国内で伸びる産業は、医療とかエネルギー系、あとITと言われていて、国内でやれることはまだまだたくさんあります。
でもわたしは50年100年先を見て、グローバル展開を進めていかなければいけないと思ったので、国内でやることがまだあるにも関わらず、海外に出ていこうと思い立ったんです。

国によっていろんな勝機があるなと思っています。
僕らは先ほどお話した通り、歯科医療のポータルやITビジネス、経営支援をやっていたり、メーカーのマーケティングを支援しています。それに派生するいろんなビジネスを仕込んでたり、すでに立ち上がってたものもあるので、グループ全体として、けっこういろんなビジネスでいろんな国に入れるような組織体になってきたんですね。

じゃあアメリカに行こうか、ヨーロッパか、アジアかと。アフリカはまだ先だと思うんですけど。
それで上場前にアメリカに出ていったんですが、距離的・物理的な問題があって、なかなか向こうにリソースをぽーんと投入するのは、うちの規模だとまだ難しいかなと思いました。ここは正直、自分たちの身の丈にあった判断をしました。

じゃあアジアはどうだと考えたとき、みなさんもイメージ付くと思うんですけど、アジアの医療は日本の20年~30年遅れてるんです。韓国とか中東の富裕層以外は。なので、日本のいい医療を、リアルビジネスで、アジアにポンと(移そうと)。日本のいい医療を東南アジアとかに持っていったらうまくいくんじゃないかなと思って市場調査に行ったら、「これはいけるな」と思いました。

それでゼロイチで自分たちで立ち上げようと思って物件を探しました。それに、日本の医師のライセンスは他の国で使えないので、現地のドクターも探さなきゃいけなくて、現地のドクターにインタビューをしました。

ゼロイチでやろうとしていたら、ちょうどいい会社が……

平川
そうやって立ち上げようとしていたときに、たまたま、うちの取引先の取引先から、日本人オーナーで、タイで株式会社で歯科医院を経営している人がいて、日本に帰りたいから事業を譲りたがっているとお話がありました。たまたまです!運ですよ!
しかもバンコクである意味1番メジャーな歯科クリニックで。黒字で、いい運営、いい組織を作っているところから声がかかりました。
じゃあゼロイチはやめてこっち(買収)にしようと。そういう経緯なんです。ほんとに「持ってたな~」と思います。

島袋
すごいです、ほんとに。本田圭佑みたいですね。

平川
いやいやいや…ストライカーですからね。(笑)

島袋
(笑)ちなみにおいくらぐらいでした?

平川
3000万円ですね。現地通貨で1000万バーツ。

島袋
でも現地で既に法人をやられていて、黒字ということを考えたら、こういういう言い方もアレですけど、お得なM&Aですよね。

平川
それなりの年齢のいった歯科医師の経営者の方で、個人的な理由で日本に帰りたいということだったので、まさに事業承継で。

島袋
なるほど~。
やっぱり国境を越えるわけなので、日本国内のM&Aとは事情が少し違うかと思いますので、「ちょっとここは苦労したな」というところを、また次回お伺いしたいと思います。

【出演者情報】
■平川大:株式会社メディカルネット-代表取締役会長CEO
1973年生まれ。メーカーを経て、2003年、タイでIT×ゴルフ事業を立ち上げ。05年に日本メディカルネットコミュニケーションズ株式会社(現 株式会社メディカルネット)入社し、ソリューションセールス事業部ゼネラルマネージャーに就任。取締役、代表取締役、社長を経て、16年8月、代表取締役会長CEOとなる。

■島袋直樹:Idealink株式会社-代表取締役
2017年12月、自社メディア5媒体を上場企業に事業譲渡。尊敬するじげん社に倣い、「事業家集団Idealink」を目指す。

【株式会社メディカルネットのM&A概要】
上場後に3件のM&Aを行い、経営支援事業の強化、会員統合によるプラットフォームの拡大(業界最大)を実現。加えて、海外での日本レベルの歯科医療の提供や患者マーケティングにも取り組む。

【YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCbxAeKe2f9WZGbKy1jHV0Dw

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

新着M&Aインタビュー

もっと読む

新着M&Aニュース

もっと読む

アクセスランキング

案件情報をお探しの方 担当からすぐに連絡いたします。



連絡手段の希望:
電話メール