M&A BANK Copyright©idealink Inc., All rights reserved.

IPOの夢を捨てられないあなたへ|Vol.062 | M&A BANK

M&Aインタビュー

M&A BANK > インタビュー > IPOの夢を捨てられないあなたへ|Vol.062

2018.08.02

IPOの夢を捨てられないあなたへ|Vol.062

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

IPOは難しくなっている!?

島袋
冨岡くん、最近、IPOからM&A路線に切り替える経営者がけっこう多いじゃないですか。
うちもその1社ですけど。(笑)

冨岡
そうですね、めちゃくちゃ多いです。

島袋
M&A分野に携わってから、会計士の方や弁護士事務所のIPO支援をされている先生達にお会いするようになって、いろいろ情報が入ってくるんですが、その中で「IPOは本当に難しくなってる」と聞くんです。実際どうなんですか?

冨岡
そうですね、IPOが難しくなっているのは事実です。
上場社数はここ数年変わってないんですけど、上場したいと言ってる企業はもっと増えています。つまり、IPOできる合格率が下がってるわけです。
最近は、M&Aの人気がそれ以上に出ているので、IPOとM&Aの件数が逆転するということにもなりました。

先月ぐらいにM&A BANKでも記事を書いたんですが、日経のニュースで、2018年の上半期で、IPO社数よりもM&Aでイグジットしたベンチャー企業の方が多くなったと出ました。統計的にもそれが表れたのって、今年が初めてだと思うんですね。今までの日本を見ても、なかなかこういうことはなかったと思います。この傾向はなかなか変わらないと思いますね。

島袋
ますますじゃあ増えるってことですよね。

冨岡
ますます増えますね。

とはいえ、やっぱりIPOしたいという方、こんな方法もあります

冨岡
あと、経営者さんからよく相談されるのが、「M&Aはいいと思うけど、やっぱIPOはしてみたい!」ということです。そういう経営者さんがめちゃくちゃ多いんです。
気持ちはわかるんですけど、でも実は、M&AとIPOって二者択一じゃないんですよね。M&Aしたけど、IPOもする、って全然狙えるんですよ。

島袋
それ、どういうことですか?

冨岡
例えば、島袋さんが100%株式を持っているIdeaLinkという会社を経営している時に、ある大手さん、例えばヤフーから、IdeaLinkを子会社にしたいんですという相談があったとして……

島袋
えへへ……

冨岡
例えばです。もう浮足立ってるじゃないですか。(笑)
それで、もし「株式の60%を60億で売ってください」って言われたら、たぶん速攻で「YES」って言いますよね?

島袋
そうですね!(笑)

冨岡
ですよね(笑)だけど、IPOもしたい。
そういう時に、じゃあ60%売ります、だけど、経営者として残らせてください、って言って、40%の株を持ったまま、会社に経営者として残って、そこからさらにIPOを目指して、ヤフーの子会社のまま上場するということが、実は可能なんです。

島袋
なるほど。

冨岡
そうすると、M&Aして60億円も入ってくるし、IPOもできる。上場会社の経営者になって、より大きなチャレンジができる。二兎追って、二兎手に入れられるんです。

島袋
それめちゃめちゃかっこいいですね。

冨岡
そうなんです。問題は、まだヤフーからオファーがないってことですね。

島袋
そっかー、そもそものね。ヤフーさん、お待ちしてます。(笑)

M&AとIPO、両方やる案件が増えてます。

じゃあそういう形の、M&AからのIPOもあるってことですね。

冨岡
実は、水面下でこういう案件がすごく増えてるんですよ。
すでに上場しているマザーズのベンチャー企業や、東証一部に上がったばかりの、上場会社さんとかには、そういうスタイルで投資をして、どんどん自分たちのグループ会社で上場させようとしていところがあります。

島袋
なるほど。

冨岡
そういう会社が結構あるので、ベンチャー経営者のみなさんは、選択肢の一つとしてそういうプランもあると知ってもらえると、役に立つんじゃないかなと思います。

島袋
そうですね。じゃあうちも、ヤフーさん、お待ちしてます!

【出演者情報】
■島袋直樹:IdeaLink株式会社-代表取締役
2017年12月、自社メディア5媒体を上場企業に事業譲渡。尊敬するじげん社に倣い、「事業家集団IdeaLink」を目指す。
■冨岡 大悟:TOMIOKA C.P.A OFFICE 代表/公認会計士
オーストラリア帰りのM&Aバンカー。IPO、M&A、資金調達、事業開発等のコンサルティングを行う。IdeaLinkの他にも複数社の社外役員を務める。

【IdeaLink株式会社のM&A実施背景】
資本力と競合優位性を俯瞰して自社サービスを見直した際に、現状の経営資源では更なる成長は困難と判断。2017年12月25日、シェアリングテクノロジー株式会社(東証マザーズ3989)に新設分割により「フランチャイズの窓口」、クレジットカード比較4サイトを売却。その後は売却した資金をもとに、「事業家集団」として新たなビジネスの種まきに奮闘中。

【YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCbxAeKe2f9WZGbKy1jHV0Dw

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

新着M&Aインタビュー

もっと読む

新着M&Aニュース

もっと読む

アクセスランキング

案件情報をお探しの方 担当からすぐに連絡いたします。



連絡手段の希望:
電話メール