M&A BANK Copyright©idealink Inc., All rights reserved.

実はもう1件、売却しようとしていた話|Vol.063 | M&A BANK

M&Aインタビュー

M&A BANK > インタビュー > 実はもう1件、売却しようとしていた話|Vol.063

2018.08.04

実はもう1件、売却しようとしていた話|Vol.063

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

実現しなかったものもあります。

島袋
冨岡くん、これって言っていいかな?
うちの会社で運営してる不動産投資会社向けの一括資料請求サイトを、売ろうと動いてた話。……自社のことだからいっか!

冨岡
いいんじゃないですか?

島袋
「フランチャイズの窓口」というサイトとクレジットカードの比較サイトをシェアリングテクノロジーさんに売却させていただいてから、僕は「M&A」を念頭におくようになったんですね。それで保有してる他のメディアも売ろうと考えて、2018年の1月末ぐらいから動いてました。
年間営業利益で4000万円ぐらいは出てるメディアで、これも1憶5000~2憶円ぐらいで売却できるんじゃないかなと考えたんですよ。

冨岡
スタートはそうでしたよね。

島袋
それで、各社にアナウンスさせていただいたんですが、フランチャイズの窓口の時と反応がまったく違いました。どこも手を挙げなかったですよね。

冨岡
手を挙げているところも少なからずありましたけど、想定してる金額よりだいぶ低かったですね。

島袋
そうなんです。18社ぐらいアプローチさせていただいて、全部断られました。
3月末ぐらいにやっと1社が興味を持ってくださって、「どうせ買ってもらえないんだろうな」と思いながら商談を進めていたら、思わずいい評価をしていただけました。

でも、最終的にお互いの条件で合わない部分があったのでブレイクさせてもらったんですが、めちゃめちゃ勉強になりましたね。

大手エージェントの営業力はさすがでした。

冨岡
ポイントは、自分たちで「2億で売りたい」と言ってただけじゃなく、ある大手のM&Aエージェントの方も、「これ2憶で売れますよ!」っておっしゃってたことなんですよね。

島袋
言ってた言ってた!そうなんですよ。
18社ぐらいアプローチして諦めかけの時に、大手M&Aブティックさんにご相談してみたら、「2億でもぜんぜん売れますよ」というお話だったんですよね。
僕らもアプローチしてみて厳しかったから、「難しいと思いますよ」ってお話ししてたんですけど、「いえ、僕らにお任せください!」と言ってくださって。
半信半疑だったんですけど、本当に1か月もかからないうちに、買い手候補さんを見つけてこられましたよね。これはびっくりしました。

冨岡
さすが、大手の営業力ですよね。

島袋
残念ながら、もう他の会社さんのデューデリに入っていたので、お断りさせていただくことにはなったんですけど、あれは面白かった。

冨岡
本当に持ってきてくださいましたけど、「2億で見つけてきます!」って言って、「1億2000万円ぐらいでした……」っていう感じでしたよね。
M&Aのプロであっても、想定していた通りにはなかなかいかないということが、実態としてけっこうありうるんだなと思いました。やっぱりM&Aって難しいですね。

両手取りの仲介には要注意

島袋
M&Aアドバイザーも言ってましたが、(売り手と買い手の)両方から手数料を取るところはやめたほうがいいみたいですね。結局、両方から手数料を取るところだと、お互いをマッチングできるところに合わせに行くんですよ。
より高いバリュエーションで売るための戦略を求める売り手にとっては、それと違う動きを取られることになります。

冨岡
そうですね。エージェントのタイプによって、契約形態や強み弱みも違いますし。

島袋
ちなみに我々は、M&Aアドバイザーの選定を無料でやってます。最後で宣伝みたいになっちゃいましたが…

あなたの会社はどこのアドバイザーがいいか無料でアドバイスさせていただいてますので、ご興味のある方は一度こちらまでどうぞ。

【お問い合わせはこちら:info@ma-bank.jp

【出演者情報】
■島袋直樹:IdeaLink株式会社-代表取締役
2017年12月、自社メディア5媒体を上場企業に事業譲渡。尊敬するじげん社に倣い、「事業家集団IdeaLink」を目指す。
■冨岡 大悟:TOMIOKA C.P.A OFFICE 代表/公認会計士
オーストラリア帰りのM&Aバンカー。IPO、M&A、資金調達、事業開発等のコンサルティングを行う。IdeaLinkの他にも複数社の社外役員を務める。

【IdeaLink株式会社のM&A実施背景】
資本力と競合優位性を俯瞰して自社サービスを見直した際に、現状の経営資源では更なる成長は困難と判断。2017年12月25日、シェアリングテクノロジー株式会社(東証マザーズ3989)に新設分割により「フランチャイズの窓口」、クレジットカード比較4サイトを売却。その後は売却した資金をもとに、「事業家集団」として新たなビジネスの種まきに奮闘中。

【YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCbxAeKe2f9WZGbKy1jHV0Dw

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

新着M&Aインタビュー

もっと読む

新着M&Aニュース

もっと読む

アクセスランキング

案件情報をお探しの方 担当からすぐに連絡いたします。



連絡手段の希望:
電話メール