M&A BANK Copyright©idealink Inc., All rights reserved.

一番お金を使ったのは…|Vol.093 | M&A BANK

M&Aインタビュー

M&A BANK > インタビュー > 一番お金を使ったのは…|Vol.093

2018.10.23

一番お金を使ったのは…|Vol.093

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

恩返しのいい機会

島袋
前回は、昨年度末に会社を売却して得た2億4000万のキャッシュが、今はいくらになっているか、という話でした。

冨岡
では、前回の質問の続きで、お金を使って良かったものと、ちょっとこれは失敗したなってものについてお話しいただくと、これからイグジットする人に有益な情報になると思います。

島袋
僕基準で良かったことですよね。
まずは、親含めて親戚にカネをばらまきました。…ばらまいたって言い方はあれですが。(笑)

冨岡
屋上から札束投げたんですか。

島袋
それめちゃくちゃいいっすね。(笑)
まあそれは冗談として、2回目の創業時に親から300万円ぐらい援助してもらっていたので、まずはそれを全部返しました。親からは「もう返ってこないと思っていたけど」と言われましたが。
あとは姉貴とか妻とか妻の家族にもいくらか。「ありがとう」という恩返しですね。
恩返しはこういう機会じゃないとやらないので、よかったです。

 

いい投資案件が回ってくる!

島袋
あとは投資ですね。飲食店に投資ができたり、普段だったら絶対にこないような、いろんないい話が来るんですよ。
当たり前ですが、いい案件はお金を持っている人たちのところでしか回っていないんだなと感じました。
例えば海外で1番流行っているフィットネスの日本での経営権とか。あと未上場の企業の出資案件で、スタートアップじゃなく、IPO直前々期~直前期ぐらいの案件の相談が来るようになりました。

冨岡
エンジェル投資家というよりも、ほぼイグジットが見えているものに支援する案件が入ってきているということですね。

島袋
それはなぜなのか僕も考えたんですが、バイアウトすると「イグジット組」っていう感じでバイアウトした人同士で繋がるんですよ。これが面白くて。
金額は大小ありますが、バイアウトしたら気持ちや経験がわかるので、そこで固まっているんですね。
僕もすごく仲良くさせてもらっているんですが、そこで良い案件が結構回っているんです。

 

みなさんは、どうかご注意ください

冨岡
では今度は「これはやっちゃった」みたいな使い方を教えてください。

島袋
基本的に僕はないと思っているんですが、「出資してください」というお話が多いですね。
お酒を飲んでいる時にキレイなお姉ちゃんから言われたらちょっと判断を間違えそうです。…てか間違ってるかな?まあいいや。(笑)
その節は救済していただいてありがとうございました。

冨岡
ありましたね。(笑)お酒を飲んでいるところで出資の判断はするな、ですね。

島袋
これは絶対にそうですね。個人的にバイアウトしてお金が入るじゃないですか。若い人だったり、また新しい事業をやりたい人は、絶対に半分以上はどこかに預けて運用してもらった方がいいですよ。
なぜかというと、次の年でかなり税金がくるじゃないですか。今まさに支払っているんですが、2億4000万だったので、10月末も 290万円くらい払うんですよ。3ヶ月単位で払ってきているので大変です。
今何にお金を使っているって、税金に使ってますよ。

冨岡
日本経済に貢献しているんですね。

島袋
あとバイアウト組のみなさんは、基本的にベルルッティのものを買ってますね。

冨岡
具体的に何を買うんですか?

島袋
ベルルッティの数百万円の鞄とか、コラボの時計とか。見たことないものを買ってますね。

冨岡
島袋さんは?

島袋
僕は持ってないですね…いや、ベルルッティ持ってたわ。(笑)財布とポーチ。

 

出資はできないですが、お力にはなれます

島袋
いつまでもそのお金を持ってるみたいに勘違いされやすいんですよね。例えば僕なら、2億4000万円でバイアウトしたら、ずっと持っているだろうと。
ですが、さっきお伝えしたように今は2000万円しか持っていないんです。ただの普通の経営者なんです。

冨岡
出資話を相談しても無駄みたいな。

島袋
出資話をしてもそもそも持っていないので、判断する以前に出せないという。

冨岡
でもネットワークがありますから、相談する分には価値がありますよね。

島袋
そうですね。でも相談以上に、どちらかというとプライベートバンクのスポンサーを募集してるかも。(笑)

島袋
とはいえ、このM&A BANKはバイアウトしたい人を絶対救いますので!お困りの方はどうぞお問い合わせください。

【出演者情報】
■島袋直樹:IdeaLink株式会社-代表取締役
2017年12月、自社メディア5媒体を上場企業に事業譲渡。尊敬するじげん社に倣い、「事業家集団IdeaLink」を目指す。
■冨岡 大悟:TOMIOKA C.P.A OFFICE 代表/公認会計士
オーストラリア帰りのM&Aバンカー。IPO、M&A、資金調達、事業開発等のコンサルティングを行う。IdeaLinkの他にも複数社の社外役員を務める。

【IdeaLink株式会社のM&A実施背景】
資本力と競合優位性を俯瞰して自社サービスを見直した際に、現状の経営資源では更なる成長は困難と判断。2017年12月25日、シェアリングテクノロジー株式会社(東証マザーズ3989)に新設分割により「フランチャイズの窓口」、クレジットカード比較4サイトを売却。その後は売却した資金をもとに、「事業家集団」として新たなビジネスの種まきに奮闘中。

【YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCbxAeKe2f9WZGbKy1jHV0Dw

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

M&Aアドバイザーの無料相談はコチラ

新着M&Aニュース

もっと読む

アクセスランキング

案件情報をお探しの方 担当からすぐに連絡いたします。



連絡手段の希望:
電話メール

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.