M&A BANK Copyright©idealink Inc., All rights reserved.

ま、またも大物ゲスト登場!|Vol.101 | M&A BANK

M&Aインタビュー

M&A BANK > インタビュー > ま、またも大物ゲスト登場!|Vol.101

2018.11.10

ま、またも大物ゲスト登場!|Vol.101

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

ご出演、どうもありがとうございます!

島袋
今日はですね、東証マザーズ2122、インタースペース河端社長に来ていただいています!

河端
よろしくお願いいたします。

島袋
河端社長に本当に来ていただけるとは思っていなかったです。ありがとうございます。
今回はインタースペース社のM&Aについていろいろお聞きしたいと思います。IRでもけっこうM&Aのことを書かれていますよね。

河端
書いてますね。

ご実家はあの、京都の。

島袋
ただ、その前に少しお伺いしたいんですが、河端社長のご実家、京都の着物屋さんですよね。

河端
京都のじゃないんですが、京都なんちゃらという着物屋さんです。

島袋
あ、京都のじゃないんですか?

河端
京都じゃないです。本社は東京です。
「年末、いつ京都帰るんですか?」とよく聞かれるけど、京都住んだことない

島袋
そうなんですか!社内でもけっこう勘違いされている人いるんじゃないですか?

河端
社内でも未だにそう思われていますが、住んだことはないです。

M&A、けっこうされてきていますね

島袋
インターネット広告業界ではもう、インタースペース さんのアクセストレードはメインになってますから、知らない人はほとんどいないんじゃないかと思います。もうレジェンドですよね。
しかも金融はじめ、いろんなジャンルで強いですよね。

河端
うちはけっこうまんべんないですね。eコマース系、人材系、美容系…たくさんあります。

島袋
その他インタースペースさんの情報は是非みなさんにも検索して調べていただきたいと思うんですが、まず、M&Aをけっこうされていますよね。ママスタジアムを買ったのも早かったですし。

河端
そうですね、ちょこちょこやってます。
あれ(ママスタジアム)は上場して1年ぐらい経ってからですかね。うちは2006年上場なので、(買収は)2007年ぐらいだったと思います。

島袋
あれはどういう風なアプローチでM&Aに至ったんですか?

河端
我々はメディアの領域、アフィリエイトで上場したので、メディアの領域を広げたいと思っていたんですね。
知り合いがメディアをやっていたのでいろいろ話していたんですが、ある日(M&Aの)話が来まして。

島袋
相手の方からお話が来たんですね。どういう風に来たんですか?

河端
紹介の人を経てですが、売りたいという話があると。
もともと運営の人も知っていて前から話もしてましたから、「あ、あそこの会社ですか?」という感じで、ではぜひという話でまとまった感じです。

島袋
買収の判断は社長自らやられるんですか?どういう所をポイントとして見てますか?

河端
最初の判断は私がやってますね。
うちは基本的にメディア事業が多くて、比較的数を持っているので、どういうユーザーが見ているか、どういうコンテンツを提供しているか、コアなユーザーがいるか。そういうところを見ています。

島袋
PLとかはあまり見ていないんでしょうか?

河端
PLに関してはあまり見ないですね。
基本的には育てていく前提でやっているので、足元のPLより、将来どうなのかというところを想像しながらお話しすることが多いです。

持ち込みウェルカムなのは、どんな会社ですか?

島袋
昔はIPOを目指しますという人がほとんどだったんですけど、今20〜30代の経営者、起業家に聞くと、M&AとIPO両方目指しますとか、なんならM&Aを目指して、可能性があったらIPOしますという人がけっこう多いんですよ。
そういう若手起業家がインタースペース社に事業を持ち込むのはありですか?

河端
全然!むしろ、よろしくお願いいたします。

島袋
直近ではどういう領域を求めてますか?

河端
ちょっと広くなっちゃうんですが、基本的にはメディア全般ですね。やっぱりBtoCの領域でコンテンツを一生懸命つくって広げていこうと思っているので。

うちの場合はウェブメディアがメインですね。そこに関しては ある程度我々もやってきて知見もノウハウもたまってきたので、一緒にやらせていただくと非常に伸ばせるんじゃないかなと。
我々が持っていない領域でコンテンツを持たれているところだと、一緒にやれるんじゃないかなと思っています。

島袋
女性系のメディアを積極的にM&Aをしている印象があるんですが、その分野だとより検討しやすいでしょうか?

河端
たしかにその領域に関しては 一定の実績が出ていたり、コンテンツをつくるメンバーもいたり、広告を販売する代理店さんとの兼ね合い、一定の知見があるところはありますけど、全然それ以外も今後やっていこうと思っています。

島袋
うち育毛剤の通販をやってるんですけど、ど、どうですかね?

河端
どちらかというと、我々は物を売っているお客様よりかは、そこに貢献できるようなメディアさんの方向性ですね。

島袋
それは間接的にダメってことですか?

河端
いや、ダメではないんですけど、僕らにとっては難易度が高いのかなっていう…

島袋
僕はいいけど、会社的にダメ、みたいな?

河端
難しいですねぇ

島袋
くそぉ〜

ではまた次回も引き続き、河端社長にお話を伺っていきたいと思います!

【出演者情報】
■河端 伸一郎:株式会社インタースペース-代表取締役社長
米国留学を経て、新卒で大手証券会社に入社。新しいビジネスへの興味からベンチャー企業に転職したのち、インタースペースを設立、代表取締役に就任。アフィリエイト事業「アクセストレード」をはじめ、リアル店舗型アフィリエイト事業、ママ向けコミュニティーサイトを展開するほか、恋愛ゲーム等の運営なども行っている。
■島袋直樹:IdeaLink株式会社-代表取締役
2017年12月、自社メディア5媒体を上場企業に事業譲渡。尊敬するじげん社に倣い、「事業家集団IdeaLink」を目指す。

【株式会社インタースペースのM&A概要】
メディア領域でのアフィリエイトサービスを展開していたことから、メディアの買収を検討。2007年の育児支援サイト「ママスタジアム」の事業譲受をはじめ、これまでに4回の買収(2度の売却)を実施している。

【YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCbxAeKe2f9WZGbKy1jHV0Dw

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

M&Aアドバイザーの無料相談はコチラ

新着M&Aニュース

もっと読む

アクセスランキング

案件情報をお探しの方 担当からすぐに連絡いたします。



連絡手段の希望:
電話メール

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.