M&A BANK Copyright©idealink Inc., All rights reserved.

完全子会社化、当事者に聞いてみた【うるる・星社長/OurPhoto・平野代表】|Vol.505-507 | M&A BANK

M&Aインタビュー

M&A BANK > インタビュー > 完全子会社化、当事者に聞いてみた【うるる・星社長/OurPhoto・平野代表】|Vol.505-507

2021.08.25

完全子会社化、当事者に聞いてみた【うるる・星社長/OurPhoto・平野代表】|Vol.505-507

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

100%株式譲渡でうるるの完全子会社となったOurPhoto社。多くの経営者はモチベーションを失いがちなシチュエーションですが、 そのあたりはどうなっているのでしょうか。

▶動画の一気見はこちらから◀

ゲスト■星 知也氏 株式会社うるる 代表取締役社長
1976年生まれ、北海道札幌市出身。高校卒業後に入社した通信機器の会社でトップセールスの成績を残し、関東の支店立上げなどを任される。その後渡豪し、社名の由来となるエアーズロック(現地語で「うるる」)に感動。帰国後に入社した会社で株式会社うるるを社内創業し、2006年MBOにより独立し現職。

■平野 歩氏 OurPhoto株式会社 代表取締役
大日本印刷株式会社にて、クライアントの販促支援から経営企画まで従事。米国サンフランシスコで新規事業立ち上げのリーダーを経験した後、写真撮影業務の現場経験から発案したOurPhoto株式会社を2015年6月に起業。

聞き手■島袋 直樹 M&A BANK株式会社 取締役会長
シリアルアントレプレナー。26歳でインターネット広告代理店を創業、年商20億円規模に成長させる。2016年に同社を分社化し、インターネットメディア運営を主体とするIdeaLink株式会社を創業。2017年12月、自社メディア5媒体を上場企業に事業譲渡し、2018年3月よりM&A BANKの運営を開始。「事業は創って売る」をモットーとする。「会社は伸びてるときに売りなさい。」の著者。 Twitter

 目次 

【完全子会社化】売り手と買い手それぞれの本音に迫る!
【売却後も経営継続】完全子会社化したあとってどうなの?

 

 

【完全子会社化】売り手と買い手それぞれの本音に迫る!

うるる社が買収したアワーフォト平野さん登場

うるる社に事業参画を決めた理由
事業面でのシナジーが大きく、市場理解度も高かった
事業をより早く大きくするためにM&Aを決断した

仲介会社に相談して良かった点
M&Aをする際の買い手の選び方、さまざまなオファーを見定める“ものさし”を提供してくれた 

売却先“うるる社”の印象
今現在の会社の状況だけで会社を見るのではなく、今後拡大する市場など将来性を見据えて話ができた

赤字だったアワーフォト 価値算定はどうやった?

アワーフォト社の価値算定について
1から新規で事業を立ち上げた場合どのぐらいかかるか
また買収後の投資でどこまで成長するかをもとに価値算定

うるる社 星社長の会社の見方
自身がいくつも新規事業を立ち上げてきた経験から、M&Aに至る前後の話や既存事業とのシナジーを踏まえて評価した

星社長が考えるM&A
もちろん事業内容も重要ではあるが“人”“誰とやるか”が大事
成長を通じてともに感動を共有できる仲間と仕事をするべき

平野さんから見た星社長
論理的にも感情的にも“一緒に仕事をしたい”と思えた
経験豊富な先輩経営者からの言葉に胸を打つものがあった

 

▶動画はこちら

 

 

【売却後も経営継続】完全子会社化したあとってどうなの?

買収価格の査定方法は?

価格の査定は正解がない…
企業価値を図る算定ロジック(PER、DCFなど)は複数あるが、実際にM&Aを経験しても価格の付け方は難しいと感じた

赤字の会社の買収に不安はなかった?

 

 PMIにも2つある?! 星社長流PMI

社内でのM&Aの説明は
事業が自分たちの手から離れる感覚はあるが、事業をより成長させるための手段として丁寧に説明を行った

星社長が考えるPMI
システムや制度の統合だけでなく、新たに社員となる方々がよりパフォーマンスを発揮できるようにすることが大事

売却後の平野さんの目標は?
もともと「会社を起こしたい」よりも「サービスを作りたい」気持ちが強かったので、今後もアワーフォトをより大きく成長させることに集中したい

社長が得られる対価は、社会への貢献・社会からの承認
もちろん対価も重要だが、自身の手がけるサービスをより成長させより社会に認められることが社長にとっては一番のやりがい

 

 売却経験を元に平野さんからアドバイス

平野さんが考えるM&A
売却、M&AでEXITと呼ばれそれがゴールだと感じる側面もあるが、上場企業にジョインしてその中で事業成長に携わることも大きな経験

今後売却を検討している方
サービスを大きくする選択肢・オプションの1つとしてM&Aは非常に有効
無理にVCなどで資金調達してM&Aできなくなる前に検討してみては

 

共感できる会社・経営者募集!!

うるる社が買収したい事業
電話対応人材の確保+オンラインでの対応など、付加価値があり、新たな雇用や収入を生み出す事業が欲しい

 

▶動画はこちら

 

▶売却・買収のご相談はこちら
▶【実践者向け】ノウハウ凝縮動画『M&A実務 完全習得講座』
▶【ランチ1回分】「M&Aのリアル」がわかる有料コンテンツ
▶定額でM&Aの相談ができる、セカンドオピニオンサービス

 

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

M&Aアドバイザーの無料相談はコチラ

新着M&Aニュース

もっと読む

アクセスランキング

案件情報をお探しの方 担当からすぐに連絡いたします。



連絡手段の希望:
電話メール

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.