M&A BANK Copyright©idealink Inc., All rights reserved.

第6回ベンチャーM&Aサミット【3/4】過去のM&A経験で得た反省② | M&A BANK

イベントレポート

M&A BANK > イベントレポート > 第6回ベンチャーM&Aサミット【3/4】過去のM&A経験で得た反省②

2020.01.29

第6回ベンチャーM&Aサミット【3/4】過去のM&A経験で得た反省②

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

今回のゲストは、いずれも2度以上のイグジット経験を持つ経営者。
彼らは今、何に気を付けながら経営しているのか?

「これから初めてM&Aをする人にも再現できるM&Aノウハウ」の抽出をテーマに、2019年10月、第6回目となるベンチャーM&Aサミットを開催しました
当日の様子をテキストにてお届けします。

 目次 

1. 買い手探し・マッチングの極意

 

買い手探し・マッチングの極意

桐谷
僕は1回目の売却をしてから、自分の事業に一番高い価値を付けてくれるのはどこかを常に考えています。売ることを意識する前からですね。

サイトストックというサイトのM&A事業をアイレップさんへ売却するときは、当時サイト売買業界の1位のサイトキャッチャーさんがマザーズ上場のフルスピードというところへ売却した時点で資本力で勝てなくなったので、M&Aしようと決めて。
それで、取引があってフルスピードさんの競合であるアイレップさんに持っていきました。

島袋
(買い手候補企業が)どの市場に上がっている上場企業かも重要だと思います。
東証一部だったらこれ以上審査がないので多少グレーなところがあっても買いますが、マザーズに上場している会社はそこから2部1部の審査を目指している場合、グレーな会社は買えないらしいんです。




全文はプレミアム会員のご登録をいただくと読むことができます。
こちら購読手続きをお済ませください。

 

0.登壇者 基本プロフィール・M&A実績
― 1.  桐谷 晃司氏
― 2. 有薗 隼人氏
― 3. 福山 敦士氏
― 4. 冨岡 大悟・島袋 直樹(M&A BANK)
第6回ベンチャーM&Aサミット【1/4】
1.過去のM&Aから得た反省 
   ― 1. 動くタイミングが成立・譲渡価格・税金まで左右する
  ※相場やロジックだけでは決まらない「売却価格」
第6回ベンチャーM&Aサミット【2/4】
― 2. 買い手探し・マッチングの極意
※M&Aに限らず、出口戦略は大事 
第6回ベンチャーM&Aサミット【3/4】
― 3. 近年増えているスキーム「2段階売却」
― 4. M&Aしやすい事業づくり
― 5. 契約内容をめぐるトラブル 

※とにかくまずは「売ってみる」こと
第6回ベンチャーM&Aサミット【4/4】

 

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

新着M&Aインタビュー

もっと読む

新着M&Aニュース

もっと読む

アクセスランキング

案件情報をお探しの方 担当からすぐに連絡いたします。



連絡手段の希望:
電話メール

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.