M&A BANK Copyright©idealink Inc., All rights reserved.

第7回ベンチャーM&Aサミット【2/4】2017年JASDAQ、2018年東証二部、2019年東証一部に上場<ネットマーケティング社・宮本代表> | M&A BANK

イベントレポート

M&A BANK > イベントレポート > 第7回ベンチャーM&Aサミット【2/4】2017年JASDAQ、2018年東証二部、2019年東証一部に上場<ネットマーケティング社・宮本代表>

2020.02.21

第7回ベンチャーM&Aサミット【2/4】2017年JASDAQ、2018年東証二部、2019年東証一部に上場<ネットマーケティング社・宮本代表>

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

今回のゲストは、いずれも2度以上のイグジット経験を持つ経営者。
彼らは今、何に気を付けながら経営しているのか?

「これから初めてM&Aをする人にも再現できるM&Aノウハウ」の抽出をテーマに、2019年10月、第6回目となるベンチャーM&Aサミットを開催しました
当日の様子をテキストにてお届けします。

 目次 

2. 2017年JASDAQ、2018年東証二部、2019年東証一部に上場<ネットマーケティング社・宮本代表>
 「買いたい」と手を挙げた段階
 上場後、経営者がぶつかる壁
 これまでに持ち込まれた案件、断った理由

 

2017年JASDAQ、2018年東証二部、2019年東証一部に上場<ネットマーケティング社・宮本代表>

「買いたい」と手を挙げた段階

冨岡
ネットマーケティングさんは最初に上場されてから3年弱たちますが、M&Aはまだ1件もされていないですよね。

宮本
今は創業時からやっている広告事業と、恋活・婚活マッチングアプリの「Omiai」を運営しているメディア事業の2軸でやっている状況で、おかげさまで市場の規模も拡大しているので、そこをコツコツ耕しています。
新規事業はこれまでに13回挑戦しているので、逆に言えば11回は空振りしている状況です。

3本目の矢になる事業は自社リソースを活用できる新規事業開発と、既にある程度ビジネスの種ができていて時間を買うM&Aという手法のいずれも検討したいと思っているので、「これからは、新たな取り組みとしてM&Aをやっていきたい」という所信表明をした段階ですね。

画像1

宮本邦久氏 株式会社ネットマーケティング 代表取締役社長兼CEO
2017年3月東証JASDAQ市場上場、2018年5月に東証二部へ市場変更、2019年4月に東証一部銘柄に指定。
新卒で日商岩井(現:双日)株式会社に入社。のちにITX株式会社に転籍し、ネット事業に携わって培ったノウハウを生かし2004年7月に株式会社ネットマーケティングを設立。企業のWebプロモーション支援サービスを開始。2012年より恋愛マッチングアプリ「Omiai」を運営。

 

上場後、経営者がぶつかる壁

冨岡
IPOを経験された身として、検討中の方へ教えてあげたいこととしてはどういったことがありますか?

宮本
上場すると基本的に増収増益を求められるので、一つの事業に思いが強くあって、その事業を伸ばし続けていきたい経営者には上場は向いていると思います。

いろんなことに興味があると、新しい投資をするために(赤字を)掘ることになりますから、業績にボラが出て、株主は怖くてついていけなくなります。
そういう人はどちらかというとM&Aがいいと思いますね。

うちの場合は上場準備から上場まで7年かかりましたが、その中で会社の形は変わりました。




全文はプレミアム会員のご登録をいただくと読むことができます。
こちら購読手続きをお済ませください。

 

 ▼ネットマーケティング社の上場までの道のりは 宮本社長ご出演の過去動画にて公開中

1部上場、あのマッチングアプリの生みの親が登場!|Vol.223

0.2006年マザーズ上場、M&A7回【インタースペース社・河端代表】
― 1.  当時はIPOしか選択肢がなかった
― 2. メディアはM&Aで始める
― 3. 1000万で買った事業が 30億の売上を叩き出す
― 4. 買収7回の内訳は、2勝3敗2引き分け
― 5. 「印象の悪い売り手」
第7回ベンチャーM&Aサミット【1/4】
1.2017年JASDAQ、18年東二、19年東一に上場【ネットマーケティング社・宮本代表】
― 1.  「買いたい」と手を挙げた段階
― 2.  上場後、経営者がぶつかる壁
― 3.  これまでに持ち込まれた案件、断った理由
第7回ベンチャーM&Aサミット【2/4】
3. ウェブ・IT領域のM&A仲介サービスを開始【ウィルゲート社・吉岡COO】
― 1.  業界の常識を覆す手法で参入
― 2.  M&A当事者としての実績とノウハウ
第7回ベンチャーM&Aサミット【3/4】
4. ウェブ・IT領域ビジネスが進むべき方向
― 1.  アルゴリズム変動に左右されないサービスとは
― 2. 「ニッチ市場で大きく勝つ」のもアリ
― 3.  VCが熱い視線を送る「toB の SaaS」との絡みかた
― 4.  情報提供+αでビジネスを大きく
― 5.  SNSメディア売却の注意点は
― 6.  買い手の真意はIRにも書いていない
第7回ベンチャーM&Aサミット【4/4】

 

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

新着M&Aインタビュー

もっと読む

新着M&Aニュース

もっと読む

アクセスランキング

案件情報をお探しの方 担当からすぐに連絡いたします。



連絡手段の希望:
電話メール

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.