M&A BANK Copyright©idealink Inc., All rights reserved.

第6回ベンチャーM&Aサミット【1/4】登壇者プロフィール | M&A BANK

イベントレポート

M&A BANK > イベントレポート > 第6回ベンチャーM&Aサミット【1/4】登壇者プロフィール

2020.01.29

第6回ベンチャーM&Aサミット【1/4】登壇者プロフィール

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

今回のゲストは、いずれも2度以上のイグジット経験を持つ経営者。
彼らは今、何に気を付けながら経営しているのか?

「これから初めてM&Aをする人にも再現できるM&Aノウハウ」の抽出をテーマに、2019年10月、第6回目となるベンチャーM&Aサミットを開催しました
当日の様子をテキストにてお届けします。

 目次 

1. 桐谷 晃司氏 – Q.気になる倒産経験について
2. 有薗 隼人氏 – Q.2018年の事業売却について
3. 福山 敦士氏 – Q.「同じ会社に2度売却」とは?

今回のゲストは、いずれも複数回のM&A経験をお持ちの方々。
まずはこれまでのご経験について伺いました。

< ゲスト >

桐谷 晃司氏

画像1

スタートアップスクエア株式会社 代表取締役
1991年(当時16歳)の人材コンサルティング会社の創業に始まり、3度の起業、1度の倒産、2度の事業売却を経験。2001年にWeb制作会社・デジパを創業、15年間で社員10名が起業するプロ集団に成長させる。2018年スタートアップ支援を目的にスタートアップスクエア(株)設立。著書に「検索せよ、そして動き出せ」(ビジネス社)「いちばんやさしいWebマネジメント教本」(インプレス社)

 

・売却経験

2件(ウェブサイト売買の「サイトストック」、ベトナムのオフショア開発)

Q.気になる倒産経験について

冨岡
一度倒産もご経験されたとのことですが、それはどういう経緯だったんでしょうか。




有薗 隼人氏

画像2

株式会社GEAR 代表取締役
GMOインターネット株式会社にて2年半広告営業を担当。クライアントには1度も会わずに電話のみで累計1億円以上を販売。2011年株式会社GEARを創業。自社で作ったアフィリエイトサイトの売買など、今まで累計200回以上のサイトM&Aを経験。昨年はサイトM&Aの仲介も行い取扱高2億円を突破。現在は婚活アプリの比較サイトなどを運営している。

 

・売却経験

サイトを中心に、大小合わせて200件以上
自作のサイトを売却してからは、売却益を元手に「作って売る」「買って売る」を繰り返している
サイト売買のプラットフォームを運営し、現在は仲介事業も行っている
2018年末には事業譲渡も経験

Q.2018年の事業売却について

冨岡
2018年に行われた大きめのM&Aについて教えていただけますか?

有薗
弊社で行っていたとある一つの事業を事業譲渡で売却しました。
売却益は国内の野球選手の年俸ぐらいです。
買い手はサイト売買のサービスを使って探しましたが、紹介会社さんはつけていません。

複数社検討して、売却後に縛られそうな契約のないところにしました。
金額だけで選ぶと失敗することが多いと思っています。

福山 敦士氏

画像3

経営者・キャリア教育研究家
サイバーエージェントにて、入社1年目からグループ会社の起ち上げに参画、セールス記録を更新。25歳でグループ会社の取締役に就任、営業部長を兼任。27歳で独立し、株式会社レーザービーム創業。28歳で東証一部上場企業である株式会社ショーケースにM&A(売却)。29歳で株式会社ショーケース 執行役員に就任、30歳で同社取締役に就任。20代で2度のM&A(売却)を実現。

 

・売却経験

同じ会社へ事業売却と株式売却の両方を行った

Q.「同じ会社に2度売却」とは?

冨岡
普通は同じ会社に二度売却することはないと思いますが、どういう背景だったんですか?

福山
最初はもともと資金調達の一環でVCやCVCを回っていて、売却先のショーケースにはその中で出会いました。話をしているうちに事業自体が欲しいと言われたので、事業譲渡をして、会社にジョインすることになったんです。

そうこうしているうちに元の会社が伸びていったので、それを手放すか休眠させるか考えていたら、ショーケースからもっと経営に関わってほしいという話をもらったので、会社(メンバー)ごとジョインするか、他の会社に売るかを検討したんです。
結果的に会社ごとジョインする形になって、これが株式売却になります。

島袋
金額はいくらくらいになったんですか?




全文はプレミアム会員のご登録をいただくと読むことができます。
こちら購読手続きをお済ませください。

 

0.登壇者 基本プロフィール・M&A実績
― 1.  桐谷 晃司氏
― 2. 有薗 隼人氏
― 3. 福山 敦士氏
― 4. 冨岡 大悟・島袋 直樹(M&A BANK)
第6回ベンチャーM&Aサミット【1/4】
1.過去のM&Aから得た反省 
   ― 1. 動くタイミングが成立・譲渡価格・税金まで左右する
  ※相場やロジックだけでは決まらない「売却価格」
第6回ベンチャーM&Aサミット【2/4】
― 2. 買い手探し・マッチングの極意
※M&Aに限らず、出口戦略は大事 
第6回ベンチャーM&Aサミット【3/4】
― 3. 近年増えているスキーム「2段階売却」
― 4. M&Aしやすい事業づくり
― 5. 契約内容をめぐるトラブル 

※とにかくまずは「売ってみる」こと
第6回ベンチャーM&Aサミット【4/4】

 

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

新着M&Aインタビュー

もっと読む

新着M&Aニュース

もっと読む

アクセスランキング

案件情報をお探しの方 担当からすぐに連絡いたします。



連絡手段の希望:
電話メール

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.