M&A BANK Copyright©idealink Inc., All rights reserved.

第4回ベンチャーM&Aサミット【5/6】 | M&A BANK

イベントレポート

M&A BANK > イベントレポート > 第4回ベンチャーM&Aサミット【5/6】

2019.05.09

第4回ベンチャーM&Aサミット【5/6】

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク


「第4回ベンチャーM&Aサミット ~投資ファンド、大解剖~」
当日の様子の一部をテキストにてお届けします。登壇者プロフィールはこちら

 目次  

4.  「バイアウトファンドへの売却」が叶う条件
― 1. 買収を検討する基準
—―
 1. 事業:人に依存したビジネスは?
—― 2. 業績:規模だけでなく、安定性も評価される

― 2. ベストなタイミング:ファンド側の都合

 

4.「バイアウトファンドへの売却」が叶う条件

1.買収を検討する基準

1. 事業:人に依存したビジネスは?

冨岡
ではここからは、バイアウトファンドへ売却するための条件についてお話ししていきたいと思います。ご来場の方からこんなご質問をいただいています。
「自社プロダクトを持たない広告代理店やコンサル系など、人に依存するビジネスを展開している会社を買う選択肢は現実的にアリか。その場合の注意点やポイントはなんでしょうか。」
こちら、Oさんは買い手目線としてはどう評価しますか?

O氏

人に依存している状態は非常に怖いですね。
先ほども申し上げたように、ファンドは事業を直接運営できないので、たとえばご機嫌伺いをしないと会社の企業価値も飛んじゃう、みたいな状況だとけっこう怖いです。
ただ、人を無視した会社なんて存在しないので、結局度合い・しきい値の問題ですよね。
たとえばアパレル企業で、一人のデザイナーがいないと成り立たない状態や、エースコンサルタント一人で全部成り立つレベルになっていると、ファンドの観点では(高い評価は)難しいなと思います。
ただ、そのチームを育成する仕組みまで整備されていれば、そこに対しては十分に価値を付けられるとは思います。

 

2.業績:規模だけでなく、安定性も評価される

島袋
バイアウトファンドさんが検討してくれる金額について、さらに詳しく伺いたいです。

宮崎
会社によりますが、だいたいEBITDAいくら以上という基準を設けていますね。
日本にある小さいバイアウトファンドだと、先ほどもご紹介したように今期の見込みのEBITDAで最低2~3億欲しい、というのがたぶん普通です。
そこそこ大きな規模なら、やっぱりEBITDA10億以上じゃないとなかなか面白くないねという話になるかなと。

ですので、最低で2~3億、多くの著名なバイアウトファンドさんなら5~10億くらいが下限かと思います。

島袋
著名なバイアウトファンド、Oさんのところではどうですか?

O氏
我々は10億ですね。
EBITDA――営業利益に減価償却費を足した、税金を引く前のお金を稼ぐ力――そこが10億というのがひとつの目線になるというか。

細窪
ディールとしては100億くらい?

O氏
そうですね。

冨岡
M&A BANKについ先日出ていただいたファンドを運営されているゲストは、売却金額が1億円から、1億円以下でも検討可能とおっしゃっていました。おそらく、バイアウトファンドの中でもかなり下限に近い水準ですよね。
また別のファンドでも、1億円以下かつ、ベンチャー的なキャッシュフローが安定していない会社さんでも検討可能で、実際に買収しているというファンドさんもありました。
そういう案件をぜひ紹介してくださいとおっしゃる方もいたので、けっこう裾野が広がっているところはあるかもしれません。

なので、営業利益3億がまだまだ先だからと言って、ファンドへの売却が不可能とは限りませんよね。事業内容や経営者さんの状況によりますが、ファンドへの売却も十分スコープに入るのかなと感じています。

O氏
裾野は今、本当にかなり広がっていると思います。
実は我々も含めファンドは、例えば




 

2. ベストなタイミング:ファンド側の都合

島袋
では、経営者の皆様の気持ちを代弁しようと思うんですが、いったい何月くらいに持っていけば一番いいバリュエーションがつくのかが知りたいですね。
以前、事業会社はM&A予算を立てた直後だといい金額が出る、みたいな話を聞いたんです。ファンドさんは予算が限られているわけですが、どのタイミングで行けばハイバリュエーションがつきやすいでしょうか。

O氏
私が知っている中で一番むちゃくちゃな買い方は、




全文はプレミアム会員のご登録をいただくと読むことができます。
こちら購読手続きをお済ませください。

 

1.はじめに
― 1.  主催挨拶
― 2.  ゲスト自己紹介
第4回ベンチャーM&Aサミット【目次・ゲスト情報】
2.「ファンド」の基礎知識
― 1.  経営者が関わるファンド:VCファンドとバイアウトファンド
3.買い手としての「バイアウトファンド」
― 1.  買い方の違い
第4回ベンチャーM&Aサミット【1/6】
― 2.  DDの違い
― 3.  ソーシングの方法
第4回ベンチャーM&Aサミット【2/6】
― 4.  ファンドに買われるとどうなるか
第4回ベンチャーM&Aサミット【3/6】
※ 買い手としての心がけ
― 1.  ソーシングのためのネットワーク
― 2.  M&A以外の選択肢
第4回ベンチャーM&Aサミット【4/6】
4. 「バイアウトファンドへの売却」が叶う条件
― 1.  買収を検討する基準
― 2.  ベストなタイミング:ファンド側の都合
第4回ベンチャーM&Aサミット【5/6】
― 3.  「バイアウトファンドへの売却」以外の選択肢
第4回ベンチャーM&Aサミット【6/6】

 

  1. HOME
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. はてなブックマーク

新着M&Aインタビュー

もっと読む

新着M&Aニュース

もっと読む

アクセスランキング

案件情報をお探しの方 担当からすぐに連絡いたします。



連絡手段の希望:
電話メール